中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東唯一 高密が2018全国無形文化遗产保護伝承観察点に入選

2017/12/22 14:10:54   來源:中国山東網 2017/12/22 14:10:54

  このほど、高密市文化ラジオテレビ新聞出版局によると、文化部は「2018年無形文化遺産保護伝承観察点リスト公表に関する通知」を通達して、2018年全国の32の無形文化遺産保護伝承観察点リストを発表した。高密市が山東省で唯一の入選した観察点であった。斉魯網が伝えた。

  無形文化遺産保護伝承観察点は全国各省(区、市)による推薦され、一部の県域で設立されて、無形文化遺産の当代における長期的研究の強化、末端で存在・変化状況の了解・把握、地方人民政府と各級文化主管部門の完備的な無形文化遺産の保護・伝承する政策法律の制定のために重要な参考と根拠が提供されることを旨とした。

  近年以来、高密が無形文化遺産保護プロジェクト、伝承人、伝習所、生産的保護基地、生態保護区の「五位一体」という保護伝承システムを建立した。今、全市は4項の国家級無形文化遺産項目、8項の省級無形文化遺産項目、23項のイ坊市級無形文化遺産項目、105項の高密市級無形文化遺産項目、3人の国家級無形文化遺産代表伝承人、12人の省級無形文化遺産代表伝承人、34人のイ坊市級無形文化遺産伝承人、88人の高密市級無形文化遺産代表伝承人があって、1300余社の企業が伝統的美術と伝統的技芸制作を従事して、完備な無形文化遺産の一体的保護伝承システムを形成した。)

  近年来特别是今年以来,高密以潍水文化生态保护实验区建设为引领,不断加大非物质文化遗产保护工作力度,进一步促进了非物质文化遗产保护和发展工作。(今年以来、高密市はイ水文化生態保護実験区の建設を牽引として、絶えずに無形文化遺産保護作業を拡大、更に無形文化遺産の保護と発展する作業を促した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室