中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

留学生が中国伝統的な太極剣を体験に

2018/1/2 15:20:31   來源:中国山東網 2018/1/2 15:20:31

  太極拳、太極剣は中国伝統的道教哲学を中核とし、体を鍛え、身を修め、対抗などの機能を持っている中国伝統的な武術である。中国で、多くの人に好まれ、中国の伝統文化を学ぶ突破口と言われてもよい。このほど、山東大学出身の4人の留学生は中国山東網「感知山東」活動と一緒に済南政力陳氏太極拳クラブに迫り、中国の太極文化を体験した。中国山東網が伝えた。

  陳氏太極は明の時代に創出され、現在、第一路81式、第一路64式など拳法は創出された。同クラブのコーチの張政力さんは陳氏太極拳第20代の伝承人である。

  当日、張コーチは皆に太極の基本知識と陳氏太極の起源について紹介した。モンゴル出身の留学生は中国語が上手なので、陰陽、太極などの抽象的且神秘な概念が分かり、だんだん興味を持ってようになった。

  その後、張コーチは宝剣、苗 刀などの伝統的兵器を展示させ、剣を皆に配り、基本的な動作から紹介した。張コーチは「力を借りて力を使い」「軽さで重さと対抗」などの概念を紹介しながら、手振り・身振りを借りて説明した。

  ロシア出身のリタさんは山東大学で一年間勉強し、中国語が上手ではなかったので、概念のことは理解できないが、太極剣にとても興味があり、休憩の時も練習を重ねていた。アフガニスタン出身の留学生はリタさんと学びの考えについて交流した。

  張コーチは難しい動作を選んで、皆に見せた。皆はチャレンジし、順調に完成した。

  イベントが終わって、張コーチはイベントについてまとめて、張さんによると、中国の武術は体を鍛えることを目的とし、身を修めることを最終的な目的とし、これらのことが分かるこそ、中国武術の奥義が分かる。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室