中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

2018年末までに 山東は政務情報統合を基本的に完成

2018/1/9 13:25:55   來源:中国山東網 2018/1/9 13:25:55

  ネット強国、デジタル中国、知恵コミュニテイは今の人気言葉である。1月5日、済南市政府データ開放プラットフォームは正式に運営された。このほど、山東省政府弁公庁は「省電子政務とビッグデータ発展特別グループ成立に関する通知」を発表した。斉魯晩報が伝えた。

  50余の省に所属する機構は「クラウドに伝送」

  2015年、山東省は政務クラウドに関わる文書を打ち出し、政務クラウド方面の政策・要求を明確、また政府がサービスの購入する方式を提出、情報化の建設する新たな方向を指した。その後、山東政務クラウドの建設が急速に発展した。2016年10月、山東省政府はビッグデータの促す発展に関する意見を打ち出して、全省の統一的な政府データ開放プラットフォームの完成・使用、2018年までに、道路交通、公共サービスなど政府データが社会に開放することを提出した。2017年1月、山東省は電子政務公共サービスクラウドプラットフォーム、政務情報資源管理分野の六つの標準を発表して、また10月、「山東省政務情報システム統合共有実施方案」を打ち出した。今までに、既に50余の省に所属する機構の業務が政務クラウドに転移した。

  政務クラウドにより24時間で環境保護モニタリング

  山東省環境保護庁の自動的モニタリングシステムでは、自動的モニタリングシステムが全部に採用されて、全天候、切れ目なく24時間の連続的なモニタリングが実現された。毎年、同システムは24億の監督観測データを生じて、環境応急、環境哨戒、生態补偿、行政執法など環境管理方面に広く応用していた。

  山東省環境保護庁の担当者によると、自動的モニタリングシステムは山東環境保護初のIoT設計理念に基づいての大型なモニタリングシステムである。2015年から、山東省環境保護庁の自動的モニタリングシステムは山東省電子政務クラウドプラットフォームへ徐々に転移していた。政務クラウドの提供する情報化能力によって、観測データは全省の統一的なデータ採集と伝送設備を通じて、同時に国家、省、市、県という4級の環境保護部門と監視機構へ伝送して、全方位のデータ共有が実現された。また、山東環境サイトを通じて、社会大衆に空気質量、水環境質量、汚染源排出の監督観測情報が公布された。

  今年79の部門専用ネットがクラウドに伝送する作業を基本的に完成

  山東省政府弁公庁電子政務所の担当者によると、技術標準、開発環境などが巨大な差があるので、79の省内専用ネット、2801の部門業務システムは独立の運営状態にあった。この状況に対して、2018年までに、山東省政府部門と各都市は転移条件の備える業務システムがクラウドに伝送を基本的に完成する予定。

  全省電子政務クラウドが統合するのは明確なスケジュールがある。2017年末までに、公共サービスクラウドは社会管理と公共サービス要求の発展に相応するサービス法規と保障レベルを基本的に達して、ネット安全主管部門により安全審査をした。2018年末までに、全省政務情報システムの統合作業が基本的に完成されることを目指す。

  山東は省政府電子政務、政務サービス管理、ビッグデータ発展など管理職責と機構に対する統合して、省政務サービス管理弁公室を創立、全省の作業を統一に指導して、また山東省ビッグデータセンターを建設して、政務情報システムの統合・共有する技術支援を強化する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室