中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東省が春運期間の道路交通安全状況を公表

2018/2/9 15:33:36   來源:中国山東網 2018/2/9 15:33:36

  2018年の春運(春節<旧正月>期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)は2月1日から3月12日までの40日間に続ける。2月7日午後、山東省新聞弁公室が記者会見を開き、今年の春運期間の道路安全状況及び道路交通安全活動の措置などを通報した。

  今年の春運、道路交通利用客数が全部の8割以上を占めた。「今年の春節が遅いので、農村動労者、冬休みの学生の帰省は、春運の前にスタートしたので、春節の前に帰省した人はばらばらしたが、春節の後、学生、観光者、動労者などは都市部へ戻り、道路通行に対するプレッシャは持続的に増加加する見通し。」山東省公安庁副庁長の丁冠勇氏は言った。

  交通警察機関の予測によると、春運の期間、山東省の道路交通利用客数は延べ4798万人に達し、3回のラッシュのピーチを迎え、一回目は2月13日から15日、都市内と農村部の旅客を主として、方向は都市部から農村部まで、沿海部から内陸まで。二回目は春節休みの後の2月21日前後、Uターンラッシュを主とする。春節休みの終わりから元宵節までの期間、旅客はだんだん減少して、3月2日の元宵節の前後に3回目のピーチを迎える予定、主に農村部の動労者と学生を主とする。

  近年、トラックの過積載は交通安全の脅威である。交通事故の統計の状況から見れば、昨年で起こった20件の重大交通トラック事件のうち、14件は重型トラックである。ここ5年の春運期間、運営トラックの交通事故で死亡した人数は、総数の16.01%に占めた。とくに、春運の末期に、過積載、疲労運転などの事故が多く、運営トラックの安全リスクは以前として大きいとされる。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室