中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

2028年 山東は新旧原動力転換を基本的完成 2035年に現代化強省を建設

2018/3/2 15:37:01   來源:中国山東網 2018/3/2 15:37:01

  3月1日午前、山東省政府新聞弁公室は「新旧原動力転換重大プロジェクトの実施」シリーズ発表会の初となる発表会を開催して、「山東省新旧原動力転換重大プロジェクトの実施計画」(以下は「計画」と略)と「新旧原動力転換重大プロジェクト推進に関する実施意見」について説明した。「計画」によると、2028年までに、山東は今回の新旧原動力転換を基本的に完成し、2035年までに、現代化強省を基本的に建設する予定。大衆網が伝えた。

  山東省発展改革委員会副主任の秦柯氏は発表会で「山東新旧原動力転換総合試験区建設総体方案」、「山東省新旧原動力転換重大プロジェクトの実施計画」と「新旧原動力転換重大プロジェクト推進に関する実施意見」を紹介した。総体から言えば、総体方案は設計図、実施計画は施工図、意見は責任書であり、三者は新旧原動力転換のトップ設計を共同に構築し、省級レベルで新旧原動力転換の整えた作業システムを形成した。

  秦柯氏は三つの内容を重点的に紹介した。第一、我が省の原動力転換の主要な目標を明確する。2022年までに、新原動力により経済発展の新たなパターンを基本的に形成、経済品質の優位性が著しく高まり、現代化経済システムの建設が重要な段階的な成果を取る。「五つの全面」が主要にまとめ、即ち品質効果・効益を全面的に向上させ、革新能力を全面的に高め、生態環境を全面的に改善、原動力転換体制メカニズムを全面的に設立、開放型経済の新たな優位性を全面的に形成する。また、「計画」は2028年に、即ち改革開放50周年までに、今回の新旧原動力転換を基本的に完成し、2035年までに、現代化強省を基本的に建設して、社会主義現代化プロセスの中で引き続き前列を歩くことを掲げた。

  第二、我が省の原動力転換キャリアの建設を強化する。一方は、新興産業内容の拡大・倍増、新原動力の育成を推進する。一方、伝統的産業の向上によって新原動力を形成する。以上の「5+5」十強産業(情報技術、ハイエンド装備、新エネルギー新材料、現代海洋、医療養生健康という五つの新興産業とハイエンド化学工業、高い効果の農業、文化創意、観光、現代金融サービスという五つの優位性産業)を重点的に発展することを通じて、我が省の不均衡な産業構造を深刻に調整し、実体経済、科学技術革新、現代金融、人的資源の協同で発展する現代的産業システムを加速的に建設する。2022年までに、十強産業の増加値の役割は60%に達するよう目指し、発展の品質がさらに良くなり、構造がより最適化して、効益がより高くなる。

  第三、我が省の原動力転換の広い空間を拡大する。「計画」は地域、都市部・農村部、大陸・海洋、排出削減・省エネの統合的な発展の体系的に推進することを掲げた。以上の四つの方面は、省級レベルの統合を強調、要素資源の集中を目指して、重点的な突破を実施、ロークラス・重なる建設を避ける。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室