中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

米国人の中国に対する好感度は53% 30年の最高水準に

2018/3/12 9:07:02   來源:チャイナネット 2018/3/12 9:07:02

  米世論調査会社のギャラップは6日、米国人の中国、日本に対する好感度に関する調査報告を発表した。統計によると、米国人の中国に対する好感度は53%で、ここ30年の最高水準に達した。

  同調査は今年2月上旬に実施。調査で、米国人の中国に対する好感度が2年で大幅に向上したことがわかった。2017年は50%、16年は44%。分析によると、民主党支持者に「親中派」が多く、民主党支持者の中国に対する好感度は59%、共和党は42%だった

  また調査によると、米国人の日本に対する好感度は87%で、過去最高となった。日本が1990年代のように米国の主な経済ライバルと見られていないためと分析されている。当時の米国人の日本に対する好感度は50%程度だった。オーストラリア、イギリス、カナダに対する好感度も比較的高かった。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2018年3月11日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室