中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

人材移動の黄金期 ホワイトカラー平均給与8730元

2018/3/13 8:53:45   來源:人民網日本語版 2018/3/13 8:53:45

  3月に入り、人材の移動の黄金期が再びやって来た。就職支援サイト・BOSS直聘がこのほど発表した「2018年オンシーズン人材状況報告」によると、今年の人材流動の状況には目立った特徴があり、45%が以前の仕事とは違う分野を選び、インターネット、教育研修、医療健康が人気の転職先だ。50都市のホワイトカラーの平均給与(月収ベース)は8730元(1元は約16.8円)に上るという。「北京青年報」が伝えた。

  同サイトによれば、今年は例年に比べ、人材移動の状況に目立った特徴があり、転職人数が多い、ピークが明らかに前倒しされたなどが主な特徴となっている。プラットフォームのユーザー増加がもたらした影響を除けば、2018年春節(旧正月、今年は2月16日)後の1週間の求職者数は、前年同期比20%増加し、エントリーシートの更新のピークが春節後10日目から6日目に前倒しされたという。

  同報告は、「2018年1~2月には、全国で人材ニーズが最も多い50都市のホワイトカラーの平均給与が8730元となり、前年同期比2.9%増加した。北京と上海はそれぞれ1万元の大台を突破して、全国トップになり、深センと杭州が続いた。また全国50都市の求職者が期待する給与の平均は9051元で、同3.3%増加した」と伝える。

  新興産業の勃興や産業間の給与格差の激化により、異なる産業を選ぶ人材の割合が急速に上昇している。同報告は、「18年の全産業の人材の全体的な産業転換率は45.1%に達しており、5年前に比べて7ポイント近く上昇した。産業を変える現象がますます一般的なことになってきた」との見方を示す。

  オンシーズンのデータをみると、インターネットを代表とするハイテク産業が再び人材が最も不足する産業の上位5位に入った。「インターネット+」の医療や教育といった新興産業クラスターで一定の人材不足が生じている。同報告によれば、「石油/石油加工・採掘/精錬産業の人材の流出に対する流入の割合は3年連続で低下し、18年は0.75ポイントを割り込んだ。一方、インターネット、金融、教育研修、物流、専門的サービス(コンサルティング、法務、財務)などの産業は、18年に人材流入率が最も高い産業になったという。(編集KS)

  「人民網日本語版」2018年3月12日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室