中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

第1四半期の平均月給:済南市が5630元に

2018/3/19 15:16:01   來源:中国山東網 2018/3/19 15:16:01

  このほど、斉魯人材網は「2018年山東省第1四半期職場給料報告」を発表した。山東省17都市の平均月給はいくらか。どんなの分野・ポストが一番多くの給料をもらえるか。異なる学歴の間に給料の差がいくらか。

山东一季度平均工资出炉济南平均薪酬5630元 你拖后腿了吗?

  2018年第1四半期給料別応募者人数のシェアから見ると(上の図)、3千元―5千元の月給を貰える応募者人数は依然として一番大きなシェアを占め、49.9%であり、5千元-7千元のシェアは27.1%。2017年通年と比べ、3千元以下の応募者の人数は大幅に削減し、シェアは17.1ポイント減少した。3千元―5千元の応募者人数は同8.6%増加した。一方、5千元-7千元の増加幅は一番大きくて、同9.1%増加した。将来、5千元-7千元の月給は山東地域の主流となる見通し。

山东一季度平均工资出炉济南平均薪酬5630元 你拖后腿了吗?

  各地の給料から見ると、現在、17都市の平均月給は4500元を突破した。済南、青島、イ坊、威海、浜州、東営、聊城、臨沂の平均月給は5000元以上に達し、済南市は山東省で月給の一番多きな都市となり、5630元に達し、イ坊、青島は5504元、5474元で2・3位となった。

  2017年通年の平均給料に比べて、17都市の給料は増加し、増加幅は明らかで、ほとんどの都市は400元を上回った。うち、イ坊市の平均給料は2017年より683元増で、増加幅が全省1位となった。浜州、聊城の増加幅は500元を超え、別々に562元、545元となった。

山东一季度平均工资出炉济南平均薪酬5630元 你拖后腿了吗?

  また、学歴は給料の高さを影響する要因である。学歴別からみると、専門学校以下、専門学校、本科、院生、博士の月給の増加幅はそれぞれ280元、391元、436元、662元、2059元となった。各学歴の間の差は段々大きくなり、院生と博士の間の月給の差は4293元から2018年第1四半期の5690元となった。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室