中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国人が千仏山縁日に迫る

2018/4/27 11:54:07   來源:中国山東網 2018/4/27 11:54:07

  このほど、7人の外国人は中国山東網「感知山東」外国人体験活動と一緒に、千仏山公園に迫った。旧暦の三月三日、千仏山縁日を迎え、外国人は無形文化遺産を見学し、美味しい料理を食べて、暖かい春の日に、賑やかな縁日を体験した。

  千仏山「三月三」民俗文化縁日は済南で最も特色のある縁日の一つで、毎年農暦の三月三日に、済南千仏山公園で開幕される。公園の大通りの両側に、百ヶ所特色のあるブースは設けられ、糖画、面塑(練り粉で作った人形)、布芸、山東刺繍、肖像切り紙など手工芸品のブースが含まれた。また、泉水のお茶、黄家焼肉、宗記鍋餅などの美味しい料理は販売され、外国人は美味しいものを食べながら遊び、楽しそうに見えた。

  山東大学で医学に没頭しているRazaさんとHalimaさんは漢方医薬を販売しているブースに興味を持ち、二人は歩きながら話し合い、Razaさんは「今回の縁日を通じて、中国文化、歴史、中国人の生き方や住み方に深い理解ができた。多くの人は今回の縁日を通じて知り合い、友達になり、いいなあと思う」といった。

  マレーシアからの李婷欣さんは演出中の京劇に興味を持って、座席がなくても、まじめに立って聞いていた。李さんはマレーシアでも縁日があり、でも中国で縁日に来るのは初めてで、特別な経験だと言った。

  モンゴルからのEgshiglenさんとフィリピンからの蔡恩平さんは美味しい料理にもっと興味があるそうで、歩きながら買い物していた。蔡恩平さんは「縁日は私にとって面白くて、今回のイベントで中国の縁日にほとんどの理解ができた。ここで済南の特色料理があるほか、中国各地の美味しい料理があり、縁日の習俗もいっぱい知っていた」といった。

  ガイドの案内で、外国人は万仏洞を見学した。マレーシア出身の楊佩雲さんによると、自分は仏教信者だが、仏教に対する認識は不足で、今回のイベントを通じて、いっぱい勉強した。スーダン出身のHalimaは「仏教文化に触れるのは初めてで、今回のイベントに参加でき、嬉しいよ。中国での毎日は新しいものを模索できるなんて嬉しい」といった。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室