中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

2017年 41の山東文化・交流チームが「一帯一路」参加国へ

2018/5/3 15:00:51   來源:中国山東網 2018/5/3 15:00:51

  ここ数年、山東は文化資源の独特な優位性を十分に発揮し、「一帯一路(the Belt and Road)」を積極的に浸透させ、上海協力機構(SCO)「大家庭」の意識を強化していた。2017年だけで、67文化交流チームの892人は海外と香港地区、澳門地区、台湾地区へ赴き、交流した。うち、41文化交流チームの606人が「一帯一路」参加国へ赴き、427海外文化交流チームの6013人が中国に来た。大衆日報が伝えた。

  昨年、山東省は「斉魯文化シルクロード行き」に関する実施意見を印刷・配布して、「一帯一路」参加国と政府間交流・協力メカニズムを着実に構築、山東を「一帯一路」国際人文協力交流センターと重要的な基地に作り上げる予定。そのため、我が省は「一帯一路」をテームとする芸術創作生産、文化遺産保護、文化生産開発、文化貿易協力を強化し、「孔子故郷・中国山東」活動ブランドを作り上げて、儒家文化を代表とする優れた斉魯伝統文化の精粋を深く発掘し、「世界言語」で孔子ストリー、儒家ストリー、山東ストリー、中国ストリーを語る。国際孔子文化祭、世界儒家大会、尼山フォーラムなど重大なブランド文化祭はすでに「一帯一路」文明対話、文化交流のハイエンドプラットフォームになった。

  2017年4月、山東は文化中国をASEAN(タイ、ラオス)にPRする交流活動を開催した。2017年8月、中国・山東「一帯一路」図書著作権貿易商談会は「書香一帯一路、文化交流融通」をテーマにし、35国家からの96社の海外出版機構、51社の中国出版機構、4社の著作権代理機構の計400余人が参加した。2017年9月、カザフスタン・アスタナ万博山東活動ウイーク開幕式は万博中国館で開催されて、世界が山東ストリーを聞かせて、斉魯文化の魅力を感じさせた。2018年3月、済南市雑技団は第11回ロシア国際サーカス芸術祭で金熊賞を受賞した。今年4月、31番目の「尼山書屋」がドバイに入居したことに伴い、山東出版集団は既にドバイ、マルタ、ロシア、ポーランドなど国家で31箇所の「尼山書屋」を設立して、1万冊余りの山東図書が尼山書屋を通じて海外進出した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室