中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

MCO:世界経済の成長が年末までに鈍化と予測

2018/6/14 9:29:37   來源:人民網日本語版 2018/6/14 9:29:37

  米格付機関大手のムーディーズ・インベスターズ・サービス(MCO)がこのほど発表した「世界のマクロ経済の展望」は、銀行融資が収縮し、新興市場の下ぶれリスクが拡大するため、世界経済の成長は鈍化すると予測している。国際商報が報じた。

  MCOは2018年、世界経済は引き続き成長するものの、成長ペースは年末までに鈍化すると予測している。その理由は、一部の先進国は完全雇用に近づき、利率が急上昇しているのを背景に信用収縮となると予想しているからだ。最近、新興市場の金融市場に何度もプレッシャーがかかっているほか、原油価格高騰、米中の貿易問題激化など、下振れリスクがすでに浮上している。新興市場・国家の18年と19年の経済成長ペースは5.2%と、17年の5.3%に比べて若干鈍化すると予想されている。新興市場・国家の展望は、各国の全体的な経済実力と資本流動の変動性の上昇を抑える能力に対する評価に基づいている。

  MCOの副総裁で上級アナリストのマドハビ氏は、18年は17年と同じほど世界経済が力強く成長する一年になると予想している。しかし、新興市場・国家の金融市場は引き続き不安定になり、アルゼンチンやトルコなどの国では、経済成長に対するマイナスの波及効果が拡大すると予測している。別のリスクは、原油価格が高騰し、購買力が低下するほか、インフレが進む可能性だ。米中の貿易問題激化も経済成長にとってはリスクとなる。

  MCOは、18年と19年、主要20ヶ国・地域(G20)の経済成長ペースはそれぞれ3.3%と3.2%と予測している。新興エコノミーと先進エコノミーの成長ペースの差は拡大し、先進エコノミーの18年と19年の成長ペースは2.3%と2.0%と予測している。先進エコノミーと新興市場・エコノミーは、借り入れコストが急上昇するほか、銀行融資が収縮し、経済成長が鈍化すると予想している。MCOはアルゼンチン(現在の経済成長ペースは1.5%)、トルコ(2.5%)、カナダ(2.0%)、インド(7.3%)の18年の成長予想を下方修正した。一方、南アフリカ(1.6%)とオーストラリア(2.9%)は上方修正した。 (編集KN)

  「人民網日本語版」2018年6月13日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室