中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中国・アラブ包括的協力の新たな征途を進む

2018/7/10 8:59:40   來源:人民網日本語版 2018/7/10 8:59:40

  中国・アラブ諸国協力フォーラムの第8回閣僚級会議が10日に北京で開かれ、習近平国家主席が開幕式に出席し、重要談話を発表する。中国・アラブ協力の次の段階の行動の青写真が期待され、「一帯一路」建設の推進、新型の国際関係と人類運命共同体の構築の重要な実践が期待される。(人民日報「鐘声」国際論評)

  平和・協力、開放・包摂、相互学習・参考、互恵・ウィンウィンのシルクロード精神は中国・アラブ協力の基礎だ。今回の閣僚級会議のPR映像に見られるように、悠々たるラクダの鈴、まばらな帆影は、2000年以上前の陸のシルクロードと海の香料の道が中国とアラブの人々を緊密に結びつけ、中国とアラブという二大民族の商業貿易と文化交流の輝かしい歴史を記したことを象徴している。実務協力と互恵・ウィンウィンの原則に従い、中国・アラブ諸国協力フォーラムは2004年の発足以来、多くの分野をカバーし、10余りの制度を持つ集団協力プラットフォームへと次第に成長し、すでに中国・アラブ関係の戦略性を豊かにし、中国・アラブ実務協力を推進する効果的な足がかりとなっている。中国アラブ双方はフォーラムの枠組で包括的協力、共同発展の戦略的協力関係を構築し、中国・アラブ関係の長期持続的発展の力強い拠り所となった。中国とアラブ全体の関係に力強く先導される形で、中国とアラブ諸国の関係は新たな歴史的高みに到達し続け、中国はすでにアラブ9カ国と包括的・戦略的パートナーシップ、戦略的パートナーシップ、戦略的協力パートナーシップを構築した。双方は互いの重大な核心的利益に関わる問題でも一層理解し合い、支持し合っている。

  シルクロード精神の灯火は伝えられ続ける。中東、アラブ地域は新たな活力に満ちており、中国・アラブ諸国協力フォーラムの発展に新たな戦略的チャンスをもたらしている。2014年6月、習主席は中国・アラブ諸国協力フォーラムの第6回閣僚級会議で、中国とアラブ諸国が「一帯一路」を共同建設し、エネルギー協力を主軸、インフラ整備と貿易及び投資の円滑化を両翼、原子力、宇宙・衛星、新エネルギーの3大ハイテク分野を突破口とする「1+2+3」協力構造を打ち出して、アラブ諸国から熱烈な賛同を得た。2016年1月、習主席はアラブ連盟本部を訪問して重要談話を発表。中国とアラブ諸国が「一帯一路」を共同建設し、安定促進、イノベーション協力、生産能力連携、友好強化の4大行動を共に取ることを打ち出し、中国とアラブ諸国による「一帯一路」共同建設に新たな章を開いた。

  「一帯一路」イニシアティブは中国・アラブ協力の大きな潜在力を活性化させた。各国は次々に「ルック・イースト」の視野を広げ、中国と発展戦略を連携させ、互恵・ウィンウィンの協力パートナー網を共に編んだ。エジプトのシシ大統領は同国を「一帯一路」建設の支点にすると表明、サウジアラビアは自国の「ビジョン2030」と「一帯一路」イニシアティブの連携を力強く推進、ヨルダンは中国側と「一帯一路」共同建設協力を深化し、エネルギー、インフラ分野の大型プロジェクトを推進する意向を表明した。現在までに中国はアラブ9カ国と「一帯一路」共同建設協定を締結した。「一帯一路」建設は次第に中国・アラブ集団協力の最も鮮明な時代的特色となりつつある。

  「一帯一路」イニシアティブを打ち出してから今年でちょうど5年になる。中国とアラブ諸国の戦略協力の内包と外延が拡大し続ける中、習主席による中国・アラブ諸国協力フォーラム閣僚級会議開幕式への出席及び重要談話の発表が、中国・アラブ協力の巨船が「一帯一路」共同建設という力強い追い風に乗って帆を揚げ出航し、中国・アラブ包括的協力の新たな征途を進む後押しとなることは間違いない。(編集NA)

  「人民網日本語版」2018年7月9日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室