中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

米国の外資規制は就業機会の浪費=中国識者

2018/7/11 8:59:31   來源:中国国際放送局 2018/7/11 8:59:31

  米国の調査企業ロディアム・グループはこのほど統計を発表し「今年1月から5月にかけての中国による米国への直接投資額は18億ドルで、前年同期比で92%の下落がみられた」と明らかにしました。この結果について、中国とグローバル化シンクタンク(CCG)の王輝耀主任は「米国が貿易戦を引き起こし、中国企業の対米投資の積極性を削ぐことは、自ら就業機会をなげうつことと同じだ」とのコメントを行っています。

  王主任はまた、「ここ数年、中国企業が次々と海外に進出する中、対米国投資も活発に行われてきた。自動車ガラスの生産で中国最大手の福耀ガラス工業グループなどは米国に10億ドルを投資し、何か所も工場を開設、米国中部地区の労働者3、4000人を雇用しており、事実として中国企業は米国民の就業、米国中西部の振興に大きく寄与している。その中で貿易戦をしかけるということは、中国企業の米国投資に対する積極性をそぐものであり、双方向の投資も減少傾向にある。これらの要素は両国にとってマイナスとなると感じている」と分析しています。(殷、む)

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室