中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国人が山東快書を学び、中国の物語を語り

2018/8/7 15:34:54   來源:中国山東網 2018/8/7 15:34:54

  「カスネットを使って、山東快書を歌い、中国の物語を語り、皆が一緒に」外国人が山東快書を歌い、皆の喝采を浴びた。8月4日、イエメン、ブルティ、ギニア、ガボン、ニジェール、セネガル出身の6人の外国人は中国山東網「感知山東」外国人体験活動と一緒に、済南市青少年宮に迫り、山東快書の芸術家の陰軍氏の指導を受け、山東快書の魅力を体験した。中国山東網が伝えた。

  山東快書は山東省から起こった伝統的な民間芸能で、100年以上の歴史を持っている。早い時期に、山東、華北、東北各地で流行って、その後、全国に広げていた。「山東快書は中国400種類以上の芸能の一種だ。韻をふむ芸術の言語で、山東弁を操り、物語を語る」陰氏は外国人に山東快書の起源と歴史を紹介した。「快書のリズム感はRapのようなものだ」陰氏はその後、「武松の虎退治」を語った。

  「このカスネット、左手だけで使う。右手で大丈夫ですか」ギニア出身のMamadou Garaya Bah さんは何度もやっても上手に使わなかった。「そうですね。カスネットは左手だけで使う、山東快書は演劇の芸術で、右手は色んな手振りをやり、もっとよい舞台効果を求める」山東快書は立ってまま演じる。「手、目、体、足取り」の協力が必要だ。2006年5月20日、山東快書は国務院は第1陣国家級無形文化遺産リストに入選した。

  「山東快書は面白いよ。中国民間芸術はそんなに悠久な歴史を持っているとは思わなかった。山東快書を通じて、中国の歴史をさらに理解し、中国文化をもっと愛する」イベントの後、外国人は山東快書への愛情を表した。「もし、チャンスがあるなら、山東快書を学び続きたい。帰国後、家族や友達と話したい。」

  「外国人が山東快書に興味をもっていることを見て、嬉しいです。近年、私たちは形を革新し、山東快書を伝承、発展したい。今年、初回の全国山東快書ショーを開催する予定、山東快書の人材を育成する」陰さんは言った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室