中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

煙台経済技術開発区:近代化経済センターの発展の地

2018/8/8 17:01:14   來源:中国山東網 2018/8/8 17:01:14

  8月8日、「第1期対外開放都市にフォーカス、煙台」取材イベントは煙台経済技術開発区を訪れ、煙台開発区の品質の高い発展の秘訣を探す。中国山東網が伝えた。

  「黄土時代」から「黄金時代」へ

  煙台経済技術開発区は全国第1期国家級開発区14ヵ所の一つとして、2017年、総生産が全市の2割を占め、一定規模以上の工業主要業務の収入が全市の25%を占め、一定規模以上のハイテク産業の生産総額が全市の5割強を占めた。地域生産総額が全省の県市区(開発区)171の二位になった。

  2018年、煙台開発区は「国際的視野、世界基準、国内先進、煙台特色」という都市建設理念を出し、国際的視野、世界基準によってインフラ建設を計画した。

  産業で開発区を発展 製造業センターが発展

  煙台経済技術開発区は「産業で開発区を発展」を堅持して、実体経済をぎっしりとめぐり、先進的製造業、近代サービス業をフォーカスし、近代化産業システムを引き続き作り上げる。第二次産業を主導とし、第二三次産業の融合的産業発展構造を構築する。

  同開発区は全市が重点的に作り上げた7つの千億級基幹産業をめぐり、新旧原動力転換先行区、質の高い発展けん引区の構築を加速して、近代化経済システムを構築する。

  知恵を導入して革新

  煙台経済技術開発区は対外開放の生命線をつかみ、外資、対外貿易と海外協力をフォーカスし、外向き型経済の優位性を引き続き作り上げる。今、計2100項目余りの外資プロジェクトを導入、投資総額が250億ドル、うち、1億ドルを超えたプロジェクトが44項目、世界500強企業が投資するプロジェクトが80項目。

  同開発区は科学技術と人材キャリアープラットフォームの建設を今後の戦略任務にし、大学・インキュベータープラットフォーム・研究開発機構の導入に力をいれ、協同・革新を強化、科学技術がけん引、人材が支え、革新が駆動する新たな発展構造を形成する。目下、全区の企業が23ヶ所の大学と共に、パークで科学技術革新センター、技術センターと重点実験室を建設した。また、全方位の人材導入政策保障システムを構築して、内容は人材導入、プロジェクト育成、キャリアー建設、知的財産権創建、科学技術により融資など5つの方面を含める。

  産業構造を最適化 近代サービス業が勢い発展を遂げ

  2017年、煙台経済技術開発区の近代サービス業の付加価値額が5割強を占め、成長率が全市トップで、サービス業の付加価値額が国内総生産(GDP)に占める割合は46%、全市トップだった。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室