中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

煙台保税港区:煙台開放型経済の「エンジン」

2018/8/9 16:26:06   來源:中国山東網 2018/8/9 16:26:06

  煙台保税港区の敷地面積がただ数平方メートルだったが、煙台の開放発展、開放型経済発展のレベル向上にとって重要な役割を果たした。中国山東網が伝えた。

  2009年から2018年にかけて、煙台保税港区が成立してから9年間、発展、変化、イノベーションは一番よい注釈だ。8月9日、「第1期対外開放都市にフォーカス、煙台」取材イベントは煙台保税港区を訪れた。

  発展:政策の機能を拡大 煙台対外開放の窓口をきれいに

  2009年9月7日、煙台は意義のある一日を迎え、国務院の許可をもらえ、煙台保税港区が成立した。

  煙台保税港区が全国第13番目、全省2番目の保税港区となり、全国1番目の輸出加工区と港口隣接の統合且つモデル転換・グレードアップの保税港区となった。「保税区、輸出加工区、保税物流園区と港口の機能を集め、3ヵ所の海関特殊監督管理区が持っている政策優遇は保税港区で全て実現出来る」この特殊の保税港区の建設は「煙台モデル」に形成された。保税港区は煙台対外開放の新たなキャリアとなった。

  2014年3月、煙台は全国14番目、省内2番目の越境貿易電子商ビジネスの試行機関となった。煙台保税港区は自由貿易区の改革革新の経験を積極的に普及し、31項目の自由貿易区の革新制度の実行を推進した。

  現在、保税港区は煙台で投資密度の一番高い地域となり、韓国、日本、アメリカ、シンガポールなどの国家の企業はここで投資した。

  変化:新興業態を育成 4の産業機能のプラットフォームを作り上げ

  煙台保税港区は伝統加工産業を強化する同時に、加工製造企業をハイエンド製造、物流、開発、修理、販売、決算「6大業務」への広げをけん引し、伝統業界の活力を呼び起こした。新興業態の発展を加速する。現在同園区は融資レンタル、対外貿易総合サービス、越境EC、国際商品展示などの4大特色産業機能プラットフォームを形成している。

  革新:革新のエンジンが「煙台モデル」の活力を引き起こし

  煙台保税港区が設立されてから、独特な「煙台モデル」は革新のDNAを持っている。全国初となる輸出加工区と港口隣接の統合且つモデル転換・グレードアップの保税港区として、煙台保税港区は本物の区・港区一体化運営する海関特殊監督管理区域だ。港区内のコンテナ、バースの貨物は保税港区の政策を享受できる。

  保税港区は全国最大の化学肥料輸出の取引プラットフォームを構築し、2014年煙台港は初めて世界最大の化学肥料輸出港となった。

  技術の革新は煙台保税港区の革新発展の特徴だ。今後、煙台保税港区はシンガポール、ロッテルダムなどの自由貿易港を目標とし、インターネット、電子データ転換に基づくサービスプラットフォームを建設し、情報の交流と資源のシェアを強化する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室