中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国人が砂絵で気持ちを描く あっという間に流される素晴らしさを体験

2018/8/20 15:01:46   來源:中国山東網 2018/8/20 15:01:46

  このほど、アフガニスタン、韓国、イエメン、東ティモール、チャド、南スーダン出身の8人の外国友人は中国山東網「感知山東」外国人体験活動と一緒に山東省図書館尼山書院を訪れ、不思議な芸術創作ー砂絵をを体験した。

  今回、「感知山東」外国人体験活動は尼山書院を再び訪れ、砂絵先生馮景氏の指導を受けた。体験の前に、馮先生はみんなに砂絵の歴史と伝承・発展を説明した。

馮先生は外国友人に砂絵の創作を説明した。

  みんなは先生の話したことに面白いと思ったが、目の前の砂板にもっと興味があった。速くに作品を現すことが砂絵の最も重要な特徴の一つで、「時間を争う」ことは砂絵創作の重点になったと馮先生が言った。

  また、馮先生はみんなに砂絵の基礎的な技法を教えた。外国友人が速くに勉強になりましたので、先生は基礎要素の描く方の教えることを決めた。例えば:花、草、木、太陽、蝶など。基礎要素の描く方をもとに、みんなはガーデンをテーマとする作品を描いた。

外国友人が真面目に描いた。

  砂絵が作品だけではなく、自分の気持ちを体現できて、心理カウンセラーに分析させることもできる。砂絵の体験を通じて、抑えた気持ちを釈放できて、効果のある心理の整理を行う。

馮先生は外国友人の技法を指導した。

  馮先生は外国人を指導しながら、みんなにあっという間に流される素晴らしさを撮った。自分の気持ちを考えを描いただけでいいんで、技法などはそんなに重要ではなかったと先生が言った。

砂絵作品の鑑賞。

  外国友人は上品な音楽を聞きながら、手の中の砂を使って心の楽園を描いていた。彼らは砂絵を通じて、自分の心が癒されたと同時に、この素晴らしさを友だちに伝えたと信じている。

  活動が終わった後、外国友人は先生と一緒に記念写真を取った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室