中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「斉風魯韵ーー『開放的山東』オムニメデイア取材活動」が閉幕

2018/8/24 17:06:59   來源:中国山東網 2018/8/24 17:06:59

8月20日午前、「斉風魯韵ーー『開放的山東』オムニメデイア取材活動」が済南佳宝乳業を訪れ、乳製品の生産過程を見学した。

8月20日午後、記者たちは淄博臨淄サッカー博物館に迫り、古代の蹴鞠文化を体験した。

  8月24日に、山東省委員会宣伝部、山東省人民政府新聞弁公室、山東省文化庁、山東省観光発展委員会が主催し、中国山東網が共催した「斉風魯韵――『開放的山東』オムニメディア取材活動」は取材任務を完成し、済寧で閉幕した。主要な海外メディア、中央重点メディアとニュースサイト、省級メディアとニュースサイト、山東省人民政府新聞弁公室公式微博(ウェイボー)、「感知山東」アプリ、山東写真庫により構成される報道チームは五日間で、済南、淄博、泰安、済寧の4都市に迫り、取材を行った。中国山東網が伝えた。

  統計によると、8月24日午後14時までに、1500編の記事をを発表・転載した。ロシア通信社、韓国京仁放送が関係記事を発表した。中国日報が山東省の公式フェイスボックアカウントbeautiful Shandongで関係記事を発表し、山東省人民政府新聞弁公室の公式Weiboアカウント@山東発布などの政府公式アカウントも今回のイベントを報道した。新華網、中国新聞網、大衆日報などの国内メディア、アメリカ、パキスタン、トルコからの国外メディアは関係記事を発表した。

8月22日午前、メディアは泰山を訪れた。

  中国山東網は共催機関として、オムニメディアの優位性を果たし、文字、画像、ビデオ、Weiboなどを活かし、全面的な報道を行った。中国山東網は関係ウェーブサイトを作成した。また、文字・画像の生放送を行い、SNSで普及していて、24日午後14:00までに述べ17万人が読んだ。その他、中国山東網は中国語、英語、日本語、韓国語の特集を作成し、100編の外国語記事を発表した。

  今回のイベントは取材グループの皆に深い印象を残した。トルコ記者の雷文庭氏は「私たちはサッカー博物館を見学し、取材を通じて、サッカーの発祥地が中国にあることが分かった。これはサプライズだ」と言った。

  パキスタンの記者は「済寧梁山の酒文化を体験した後、ここのお酒が美味しいと思う。ここは好きだ。ここの文化や、ここの人が好きだ。ここのショーは素晴らしいだと思う。ここで好漢になった」と言った。

  韓国京仁放送中国支社の社長の金万洙氏は梁山にも深い印象を残し、「済寧梁山泊は韓国人によく知られた『水滸伝』の中の場所で、阮氏三兄弟、霹雳火秦明は韓国人がよく知られたひとだ。ここで武松の虎退治の物語を聞いて、過去に戻る感じがある。梁山は素晴らしい観光スポットだと思う」と言った。

済寧梁山泊風景区。

メディアは泰山を三孔風景区を訪れた。

  パキスタンからのMahnoor Babur氏によると、「孔子の授業の方式と思想はパキスタンでよく知られた。今度の曲阜の旅は楽しみにしている。孔子学院本部体験基地で、孔子の全てがある。この目で中国文化や中国の生活スタイルを見ることができ、嬉しいです。」

  斉風魯韵「開放的山東」オムニメデイア取材活動は中国共産党山東省委員会宣伝部、山東省人民政府新聞弁公室、山東省文化庁、山東省観光発展委員会により主催され、中国山東網により共催された。同活動は山東の「美景」、「美食」、「美しいもの」をきっかけに、山東の経済、歴史、文化、生態の良いイメージを全方位、多角度で展示、山東を建設する熱情を呼び起こして、儒商大会2018の開催に良い輿論環境を作り上げる。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室