中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

博山琉璃文化芸術祭が開幕 中国琉璃芸術最高レベルを代表

2018/8/28 16:18:23   來源:中国山東網 2018/8/28 16:18:23

  8月28日、中国琉璃芸術最高レベルを代表する文化盛会として、2018中国博山琉璃文化芸術祭りは博山陶磁琉璃芸術者村で開幕された。

  開幕式で、中国日用ガラス協会理事長の孟令彦氏、山東理工大学校長の張鉄柱氏、淄博市委副書記の馬暁磊氏、淄博市委常委、宣伝部部長の畢栄青氏、博山区委書記の劉忠遠氏、博山区委副書記、区長の聶玉彬氏は共に起動棒を動かし、2018中国博山琉璃文化芸術祭りの開幕を発表した。

  博山琉璃は悠久な歴史があり、世界琉璃歴史の中に重要な地位を占める。博山琉璃芸術と世界琉璃芸術の交流と対話のプラットフォームを構築、より多くの芸術者が博山琉璃を注目、理解してほしかった、とイギリス出身のガラス芸術者が言った。

  昔から、「世界琉璃は中国に、中国琉璃は博山にある」と言われている。ここには中国で現存した最古の琉璃窯炉遺跡、中国初の琉璃専門書、中国初の琉璃博物館がある。現在、博山琉璃の生産と関連企業は200社余りに達し、中国最大の琉璃生産基地と製品集散地になって、製品が100余りの国家と地域に進出し、「中国日用ガラスと琉璃工芸品輸出基地」、「国家文化輸出基地」と評価される。博山区の琉璃技術者は4000人超、うち、国家級芸術者は41人、省級芸術者は77人がいる。

  今回の琉璃文化芸術祭りは「博山琉璃・世界と対話」をテーマに、5日間において、ハイエンド学術フォーラム、質の高い発展大会、千人計画専門家博山行、仕入れ展示販売会、無形文化遺産展覧会、音楽祭りなど16項目のイベントが開催される。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室