中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

第15回斉文化祭りは臨淄で開幕

2018/9/12 16:25:03   來源:中国山東網 2018/9/12 16:25:03

  第15回斉文化祭りは臨淄区斉文化博物館広場で開幕した。

  9月12日、第15回斉文化祭りは臨淄区斉文化博物館広場で開幕した。今回は「泱泱斉風」をテーマにし、7つのテーマをめぐり、内容の豊か、特色のあるシリーズイベントを行う。

  大型な史詩楽舞「太公改革」。

  馬暁磊氏によると、淄博は斉国の古都、聊斋の故郷、陶琉名城と世界サッカーの発祥地である。人文歴史が長くて、文化内容が豊かな土地において、法治・開放・包容を特色とする斉文化が生まれて、姜太公、斉桓公、管仲、晏嬰、蒲松齢など歴史文化名人を育成、「管子」、「考工記」、「斉民要術」、「聊斋志异」など大きな影響力のある優れた文化典籍が書かれた。

  優秀な伝統文化は国、民族が伝承・発展する基礎である。山東省委、省政府と社会各界の関心・支援のもとに、斉文化祭りは斉文化の宣伝・発揚する窓口とプラットフォームとして、開催レベルと規模が向上させ、革新力と影響力が引き続き強化されて、国内外の斉文化研究交流に質の良いキャリアーを構築、斉文化の革新的な転化・発展に力強いサポートを提供する。

  イベント期間中、第15回斉文化祭り開幕式、中国(淄博)第8回書画芸術品博覧月即ち収蔵芸術祭り、斉文化と稷下学サミットフォーラム、2018海峡両岸斉文化祭り、第11回山東国際大衆芸術祭り――第9回斉文化博覧会即ち民間収蔵展、稷下学宮とプラトン学園――中国・ギリシャ古典文明サミットフォーラム、中国夢を共に構築・2018中国(淄博)初回五音劇芸術祭り、「臨淄実践」現場会、第2回山東省無形文化遺産逸品展、2018年「起源地杯」国際サッカー選手権大会、第3回サッカー文化サミットフォーラムなど13項目のイベントが相次いで展開する。

  中国山東網 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室