中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

改革開放後に拡大を続ける雇用規模 統計局報告書

2018/9/14 8:27:46   來源:人民網日本語版 2018/9/14 8:27:46

  国家統計局が12日に発表した報告書によると、1978年に改革開放がスタートしてから、中国の雇用規模が拡大を続けているという。2017年末現在、都市部と農村部の就業者は7億7640万人に達し、78年に比べて3億7488万人増加し、増加率は93%に上った。都市部は4億2462万人で、78年より3億2948万人増加し、増加率は346%だった。新華社が伝えた。

  これと同時に失業率が長期にわたり低水準を維持している。同報告書によると、1980年代中期から20世紀末までの間、都市部の登録失業率はずっと3.1%以下を保ち、約2%の低水準に達した時期もあった。21世紀に入っても、ほぼ4.3%〜4%の低水準を維持し、17年は3.9%まで下がり、15年ぶりに4%を割り込んだという。

  また給与所得が急速に増加した。17年の都市部の非民間事業者の就業者の平均給与は7万4318元(1元は約16.3円)に達し、79年〜17年の年平均増加率は13.1%になった。物価要因を考慮した実質増加率は、78年比16.7倍で、年平均は7.6%だった。

  同報告書によると、企業が働き方の規範化を進めた。国が労働時間制度、残業代などで一連の法律・法規を相次いで打ち出し、働き方を規範化したため、超過勤務の状態が徐々に緩和された。大まかな試算によると、17年には都市部の各種企業の就業者で労働時間が週40時間以下の人の割合が52%に上り、12年に比べて4ポイント上昇し、40時間を超える人の割合は12年の52%が48%に減り、4ポイント低下した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2018年9月13日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室