中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国人が尼山書院で太極拳を学び

2018/9/17 14:55:47   來源:中国山東網 2018/9/17 14:55:47

  中国カンフーはいつも中国を代表するシンボルである。このほど、マレーシア、イラン、韓国、スペインなどの国家からの外国人は大明湖尼山書院を訪れ、陳式太極拳伝承人の劉東材氏の指導を受け、強弱の調和の哲学を学んだ。中国山東網が伝えた。

  太極拳は中国で広く知られる伝統的な武術として、たくさんの流派に分けている。今回皆が学んだのはもっとも重要な流派の一つである-陳式太極拳。尼山書院に位置する洪伝陳式太極拳大明湖補習所は太極文化をPRする重要な基地である。

  今回の指導先生の劉さんによると、毎朝、ここで太極拳を練習しながら、授業をやる。今回の生徒さんは外国人で、太極拳のやり方を教えると同時に、太極拳の中に潜んでいる哲学を教えてあげたい。

  韓国出身の姜圭宣さんは陰陽、強弱の調和の理論にとても興味を持っていて、東アジアからの彼にとって、このような文化が難しくないような気がした。かれは先生の話を聞きながら、他の国の友達に説明していた。

  その後、劉さんは簡単で典型的な太極拳の動作を教えると決まった。複雑な動作は簡単なものから始まる。そのため、劉さんは皆に馬歩、弓歩の姿を教えてから、複雑な動作に入れた。

  終わった前、劉さんはイエメン出身の外国人と対戦し、太極拳の「弱で強を勝つ力」を見せた。皆に「太極拳は体と心をともに鍛える運動で、長期練習すれば、いいことだ」と言った。

  スペイン出身のMaxさんによると、中国へ中国哲学を勉強しに来た。いま、言語の勉強段階にいるが、中国文化がとても好きだ。

  劉さんによると、中国伝統文化の普及が「一帯一路」イニシアティブと融合してほしいと思って、中国武術の需要な部分として、太極拳の中の哲学はもっと多くの外国人に認められたようだ。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室