中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「月嫂」が人気の職業に、月給で会社員を超える

2018/11/15 10:18:19   來源:チャイナネット 2018/11/15 10:18:19

  家政婦仲介サイト「管家帮」のデータによると、10年前に北京市で「月嫂」(出産直後の母子のケアや育児の手伝いを行う専門の家政婦)を雇う家庭は25%前後だったが、5年前になると40%に上昇し、現在は70%にのぼる。経済発展に伴い、多くの家庭が母子のケアを重視するようになり、月嫂という職業の人気が高まっている。

  中国商務部が発表した「2017年中国家政サービス業界発展報告書」によると、家政市場は近年、需要に供給が追いつかない状況となっており、家政婦の賃金が急騰している。2017年の生産高は4400億元に達し、すでに1兆元クラスの市場を形成している。特に「全面的な二人っ子」時代を迎え、月嫂業界は需給バランスの乱れが深刻化している。多くの仲介業者の月嫂契約率は、2016年より上昇している。月嫂は近年景気が良く、収入が1万元を超えている。北京・上海・広州・深センの1級都市では、有名な月嫂は月収が3−4万元に達することも珍しくなく、会社員を追い抜いている。

  一部の統計データによると、全国の月嫂の需要は400万人に達するが、実際の就業者数は100万人未満だ。某社が2017年に行った業界調査データによると、1級都市の月嫂の需要は現在、6万8000人から8万5000人不足している。2016年はさらに30−50%の不足が存在し、うち住み込みの月嫂の不足は70−80%にのぼった。

  清華大学中国経済思想・実践研究院の李稻葵院長は、月嫂の人気は庶民の需要のアップグレードという、非常に重要な道理を説明していると指摘した。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年11月14日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室