中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

ストローを「電気」に変身させ――オムニメディア取材グループが琦泉生物発電技術を体験

2018/11/16 16:53:34   來源:中国山東網 2018/11/16 16:53:34

  夏や秋になると、ストロー焼却禁止問題は社会に注目されている。その難問の解決策は一体何でしょう。その答えは琦泉グループにある。16日、「新原動力 新成果―オムニメディア取材活動」の記者たちは山東琦泉グループを訪問し、生物発電のことを見学し、ストローを「電気」に変身させる秘密を探ってみた。

  16日、琦泉グループの工場で、機械の音が鳴り続け、忙しそうな現場だ。ストローはベルトコンベアまで伝送され、一定の比例でストーブまで焼却され、化学エネルギーから熱エネルギーに転化して、熱エネルギーから運動エネルギーに転化し、その運動エネルギーはまた「電気」を作り、電気網に輸送される。記者たちはそのプロセスを取材した。

  琦泉グループの担当者によると、ここ数年、同社はモデル転換に没頭していて、伝統の石炭発電から生物発電分野に進出し、貧困脱却、田舎振興に協力しいて、30年の発展を経て、国家持続可能な発展の指導を受け、生物発電の技術を開発し、人類のために最適なエネルギーソリューションを提供している。山東で初となる、全国3社目の生物発電グループとして、同社は高温超高圧再加熱技術を開発し、国内の技術空白を補い、傘下20社の生物発電会社を有して、業務範囲は中国6省14都市をカバーし、毎年に530万トンのストローを消耗し、680万トンの二酸化炭素の排出を削減した。

  伝統的なエネルギー業界と比べて、生物発電はグリーン・環境保護、貧困支援、暖房などの優位性を持っている。ストローを提供している農民たちは大きな利益を受けている。ストローの仕入れの面では、同社は農民の利益を考え、一連有効てきな措置を行い、ストロー「収集―貯蓄―運送―利用」の産業チェーンを形成している。同社は各鎮と連絡を取り、ストロー回収ステーションを設定した。農民たちに買収の協議を結んで、当地農民たちとの協力を深め、農民の収入を引き上げた。現在、より多くの農民は同産業チェーンに参加した。琦泉グループは毎年530万トンのストローを回収し、回収範囲は所在地及び周辺地域をカバーした。

  琦泉グループは農林業廃棄物回収貯蓄運送システム建設に基づき、「党支部、合作社及び生活困難家庭」を一体とする貧困支援モデルを構築し、入社したら貧困から脱却を実現し、2020年、琦泉グループは1万人の農民を協力することを目指している。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室