中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

冬至の日 中国人・外国人の青年が共に餃子を作り

2018/12/24 16:54:56   來源:中国山東網 2018/12/24 16:54:56

  12月22日、感知山東外国友人体験活動は山東大学を訪れ、山東大学の冬至餃子祭に参加した。中国人・外国人の学生が自国の「餃子」に関するストーリーを述べ、中国餃子の作り方を体験、中国人と外国人の友達が話し合い、強い冬至の雰囲気を感じた。

  イベントの現場は賑やかで、10ヵ国からの40人余の留学生は冬至餃子祭に参加した。タンザニア、パキスタンとネパールからの外国人は自国の餃子に似てる食べ物を紹介した。

  タンザニア出身のGertrudeさんによると、Samosaは中国の餃子に似てる食べ物で、中国の餃子と異なり、Samosaは油で揚げて、餡も事前によく煮ったもので、餃子とSamosa はとても美味しいです。Gertrudeさんは現場で一つのSamosaを作った。

  留学生たちは餃子作りを体験して、中国学生の指導のもとに、留学生は徐々に上達になった。餃子作りは難しいけど、留学生たちは動作のコツを把握した。

  イベントの現場で、中国人学生と留学生たちは英語、あるいは中国語で熱い交流をして、餃子作りの方法から冬至の恒例行事、寒い天気から済南での生活状況まで話し合った。

  イベントが終わりに近づき、学生たちは大小と形がさまざまな餃子を煮て、自分の食べ物を食べた。これは中国に来て最も美味しい餃子だと留学生たちが言った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室