中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東で10の税関特殊監督管理地域があり

2019/1/17 13:54:46   來源:中国山東網 2019/1/17 13:54:46

  山東省政府新聞弁公室記者会見によると、今、山東省は3種類、10ヶ所の税関特殊監督管理地域がある。うち、7つの総合保税区、2つの保税港区、1つの輸出加工区が含まれている。2018年、税関特殊監督管理地域は1851.9億元の輸出入総額を実現して、山東省の対外貿易輸出入総額の9.6%を占めた。

  山東省初の税関特殊監督管理地域は1992年1月に国務院が許可・設立した青島保税区である。今、山東省は計3種類、10ヶ所の税関特殊監督管理地域があり、それぞれはイ坊、済南、臨沂、東営、威海、日照、青島西海岸などの7つの総合保税区、青島前湾、煙台などの2つの保税港区、1つの青島輸出加工区である。

  長年の発展を経て、我が省の税関特殊監督管理地域は雇用拡大、対外開放の促進、外商投資の誘致、国際産業移転の受け付けなどで重要な役割を果たして、産業集中効果が徐々に明らかにして、地域機能が完備させた。2018年、全省の税関特殊監督管理地域は1851.9億元の輸出入総額を実現、山東省の対外貿易輸出入総額の9.6%を占めた。

  国務院が審議された「総合保税区ハイレベル開放・質の高い発展促進に関する若干意見」は、総合保税区を世界影響力と競争力のある加工製造センター、研究開発設計センター、物流センター、検査・メンテナンス、販売サービスセンターなどの「五大センター」を着実に進めて、総合保税区が直面した政策課題の解決、飛躍的な発展の実現を促進し、山東新旧原動力転換プロジェクトを推進している。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室