中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

春節連休中、中国の出入境者数は1日平均延べ177万人に

2019/2/3 8:21:22   來源:チャイナネット 2019/2/3 8:21:22

  中国国家移民管理局の分析・評価によると、今年の春節(旧正月)連休中に全国の税関を通関する出入境者数は1日平均延べ177万人に達し、前年同期比8.9%増になる見通しだ。国家移民管理局が発表した。

  北京首都空港、上海浦東空港、虹橋空港、広州白雲空港、成都双流空港などの大型国際空港の税関の出境のピークは4日と6日、入境のピークは9、10日。羅湖、皇崗、深セン湾、福田、西九龍、拱北、港珠澳大橋などの大型陸地税関の出入境ピークは7、8、9日。うち羅湖口岸の通関者数は1日平均延べ27万3000人に達する見通し。拱北税関は延べ35万8000人。

  国家移民管理局は春節連休中の税関通関サービスに全力で取り組むため特別な手配を行う。全国の出入境検査機関に対しては、各税関の出入境者数の状況を科学的に予測し直ちに発表し、春節連休中に警備を強化し、ピーク時に通関通路を充分に確保し、多くの旅客が安全かつ秩序正しく出入境できるよう積極的に誘導し、中国人の通関時間を30分以内とし、同時に外国人の通関効率を高めるよう求める。また特別に配慮が必要な高齢者、児童、その他の体の不自由な旅客を支援できるよう警備力を手配する。

  国家移民管理局は多くの出入境旅客に対して、外出前に税関の旅客数の変化と通関状況に注目し、ピークをできる限り回避するよう促している。また航空機で出境する旅客は、早めに空港に到着し・手続きをするべきだ。旅客は通関中に何か問題があれば、現場で勤務中の人民警察に助けを求めることができる。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年2月2日 

関連記事を

写真

    数据读取失败!
主管者:山東省人民政府新聞弁公室