中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

青島地下鉄がTIOD開発モードを研究 初期の住宅用団地を獲得

2019/2/12 15:24:33   來源:中国山東網 2019/2/12 15:24:33

  青島地下鉄資源開発有限公司はこのほど西海岸海洋スマートの町初期の住宅用地を獲得した。同用地の獲得は青島地下鉄がTIOD開発モードの研究で成果を収めたことを示した。これから西海岸スマートの町産業パークの関連施設の建設を強化し、産業・都市の融合発展を促進し、産業機能と都市機能の結びつけた健康の都市を作り上げる。

  西海岸海洋スマートの町プロジェクトは青島地下鉄がTIOD(公共交通を主とする開発+産業導入)開発モードの試しである。同プロジェクトは西海岸新区浜海大道の北、琅琊台南路の西にあり、南に古鎮口軍民融合エリア、東に中鉄博覧城がある。西海岸新区で初となる特色の町として、2018年8月に産業用地を獲得した。このほど、展示センターの主体工事が完成し、建築内部の工事やリフォームを行っている。産業導入などの面で、同町は海洋産業を主として、スマート産業を基礎とし、10社余りの海洋・スマート企業と進出の協議を締結した。

  今年、青島地下鉄はTIOD発展理念を実行し、産業化推進の面に注力し、城陽産業パークの工事を起動し、西海岸及び即墨産業パークの工事を加速し、多様化競争の優位性を育成する。また、「産業・都市融合」の発展モードを活かし、パークの関連施設を改善、同年内で、西海岸、城陽プロジェクト住宅の販売を実現しようとする。年内に着工する城陽産業パークは軌道交通設備、コア研究と成果転換を強化し、青島軌道動交通産業の基礎を利用し、軌道交通産業の川上・川下産業チェーン本部基地、ビッグデータセンター、テスト認定センターを主要産業発展方向とし、地下鉄訓練基地と軌道交通専業学校を配布し、グローバル軌道交通新技術発祥地や成果転換センターを作り上げる。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室