中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中国の結婚率が過去最低に、上海は4.4‰で最低

2019/3/21 10:28:58   來源:人民網日本語版 2019/3/21 10:28:58

  現在の中国社会では、結婚適齢期を過ぎた独身者が親から結婚を迫られるが、その一方で独身を選択する人もますます増えている。統計データによると、昨年の全国の結婚率は7.2‰のみで、統計が開始された2013年以降で最低水準となっている。2013−17年の結婚率はそれぞれ9.9‰、9.6‰、9‰、8.3‰、7.7‰。またこれとは対照的に、離婚率は上昇を続けている。2012年には2‰を突破し、2017年には3.2‰に達した。中国網が伝えた。

  統計データによると、経済が発達している地域ほど結婚率が低くなっている。上海市の昨年の結婚率は4.4‰で、浙江省も5.9‰のみで、広東省、北京市、天津市なども低めとなっている。専門家によると、大都市において人々の生活のテンポは非常に速く、経済的なプレッシャーも大きいため、結婚率の低下。引き起こしている。

  ある女性ネットユーザーは、「お金は自分で稼ぐし、料理は自分でやるし、車は自分で運転できる。男を欲しがってどうするのか?結婚した後はタダ働きの家政婦になり、それもうまくできなければ小言をいわれる」とコメントしている。

  「人民網日本語版」2019年3月20日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室