中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

清明節とメーデー連休の高速道路料金が無料に ETC普及を強化

2019/4/10 9:39:14   來源:チャイナネット 2019/4/10 9:39:14

  国務院新聞弁公室の公式サイトが4月1日に明かした情報によると、清明節およびメーデーの連休中、7人乗り以下(7人乗り含む)の車両の有料道路利用が無料になる。時間は祝日初日の00∶00から最終日の24∶00まで。2019年、交通運輸部は全国高速道路の省境料金所の廃止を推し進め、ETCの使用を促すという。

  交通運輸部政策研究室主任・報道官の呉春耕氏によると、2012年に国務院が発行・実施した『重大祝日の小型車の通行料免除に関する実施方案』に基づき、春節、清明節、労働節、国慶節の4つの法定休日、および同年に国務院弁公庁の文書が定めた上述の法定休日連休に有料道路の利用が無料になる。

  また、呉春耕氏によると、高速道路の省境料金所の廃止は複雑なプロジェクトであり、徴収形式の改革に及ぶため、大量のハード面の建設とソフト面のグレードアップを行い、政策を統一し、人員を配置する必要があり、難度が高く、困難も多い。しかし、中国は全ての力を注ぎ、あらゆる方法を用い、料金所の廃止を主線と目標にし、主体責任を明確にし、複数の措置を講じてリスクを防ぎ、安全・安定を維持し、力を合わせて困難を克服し、2年内に全国高速道路の省境料金所を廃止する方向で進めるという。

  そのほか、連休中、交通運輸部は各地の交通運輸部門を積極的に指導し、本地区の近年の道路運営観測と統計データを合わせ、渋滞が発生しやすい高速道路区間および料金所を全面的に調査、改善する。また、交通情報を随時発表し、料金所とサービスエリアの管理を強化し、ETCの普及を進め、連休中の安全・スムーズ・快適な移動を保障する。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年4月5日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室