中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

世界スパコン・トップ500 中国はランクイン数1位

2019/6/20 10:25:49   來源:チャイナネット 2019/6/20 10:25:49

  第1期世界スーパーコンピュータ・トップ500が17日に発表され、中国のスパコンのランクイン数は1位になり、米国のスパコン「サミット」が計算速度のトップを維持した。新ランキングの見所は、ランクインしたスパコン全ての計算速度が1京回を超えている点である。

  世界スパコン・トップ500は半年ごとに作成され、ドイツのフランクフルトで17日に開かれた世界スパコン会議で最新ランキングが発表された。中国国内から219台がランクインし、ランクイン数で1位になった。2位は米国で116台、その後に日本、フランス、イギリス、ドイツが続いた。2017年11月から、中国のスパコンのランクイン数は4回連続で1位となっている。

  中国企業はランクイン数において優位性を維持している。今回のランキングでは、聯想(レノボ)、浪潮、中科曙光がそれぞれ173台、71台、63台で世界スパコンメーカーのトップ3を占めた。

  米国エネルギー省傘下のオークリッジ国立研究所が開発した「サミット」は計算速度14京8600兆回でトップを維持し、半年前のランキングの14京3500兆回の記録を塗り替えた。

  最新ランキングのトップ4は前回と同じで、2位から4位は米ローレンスリバモア国立研究所「シエラ」、中国の「神威太湖之光」と「天河2A」だった。

  注目すべきは、今回トップ500に入った全てのスパコンの計算速度が1京回を超えている点である。ランクインの最低条件は1022兆回。

  世界スパコン・トップ500は1993年に始まり、国際組織のTOP500が作成し、半年ごとに発表される。世界に設置されているスパコンの有名なランキングである。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年6月19日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室