中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中朝首脳が平壌で会談

2019/6/21 16:50:27   來源:人民網日本語版 2019/6/21 16:50:27

  習近平中共中央総書記(国家主席)は20日、金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員長)と平壌の錦繍山迎賓館で会談した。双方は、新たな歴史的出発点において共に初心を忘れず、手を携えて前進し、両党・両国関係の素晴らしい未来を共に切り開きたい考えで一致した。新華社が伝えた。

  習総書記は「今年は中朝国交樹立70周年だ。これは両党・両国関係発展の歴史において先人の跡を引き継ぎ、将来の道を開く重要な意義を持つ。私は今回、中朝の友情を強固にし、継承するために、朝鮮半島問題の政治的解決プロセスを促進するために来た。今回の訪問を契機に、われわれは必ず中朝関係の素晴らしい未来を共に計画し、中朝の友情の新たな章を共に開くと信じる」と指摘。

  「中朝関係はすでに新たな歴史的時期に入っている。中国の党と政府は朝鮮との友好協力関係を非常に重視しており、中朝関係をしっかりと維持し、強固にし、発展させることは常に中国の党と政府の確固不動たる方針だ。国際・地域情勢の深く複雑な変化を前に、双方は上層部交流を強化し、中朝関係発展の針路を導く必要がある。私は金正恩委員長と緊密な付き合いを保ち、政治的相互信頼を強固にし、中朝関係発展の大きな方向性をしっかりと把握したい。双方は戦略的な意思疎通を強化し、重大な問題について速やかに踏み込んだ意見交換をし、両国の発展のために良好な環境をつくる必要がある。実務協力を拡大し、両国民にさらに大きな幸福をもたらす必要がある。双方は友好的交流を深めて、中朝の友情を強固にし、発展させるための基礎を堅固に築く必要がある。中国側は朝鮮側と引き続き国交樹立70周年記念行事計画をしっかりと実行に移し、教育・衛生・スポーツ・メディア・地方分野の交流と協力を実施し、中朝の伝統的友情を発揚し、両国民の幸福を増進したい」と表明した。

  金委員長は「朝鮮の党、政府、人民を代表して、習近平総書記の朝鮮国賓訪問を熱烈に歓迎する。現在の情勢の下、習総書記の今回の訪問は朝中関係70年の歩みを振り返り、両国関係の未来を展望するうえでプラスであると同時に、朝中の堅固で打ち破ることのできない伝統的友情を他の国々にはっきりと示すことができる。私は朝中関係に対する習総書記の透徹した分析と展望・計画に完全に同意する。朝中の友情を世々代々継承することは、朝鮮の党と政府の確固不動たる立場だ。私は習総書記と結んだ深い友情を大変大切にしており、習総書記と形成した重要な共通認識を非常に重視している。習総書記の今回の訪朝を契機に、朝中双方の一層の戦略的意思疎通の強化、各分野の友好交流の深化を促進し、朝中関係を新たな高みへと押し上げ続けていきたい」と述べた。

  習総書記は、朝鮮半島の平和・安定維持、朝鮮半島の非核化促進に向けた朝鮮側の努力を前向きに評価し、「朝鮮半島情勢は地域の平和・安定に関わる。過去1年間、朝鮮半島問題には対話による解決という明るい展望が再び生じ、国際社会の賛同と期待を得た。国際社会は朝米が交渉を継続し、成果を出すことを一致して希望している」と指摘。

  「朝鮮半島問題は高度に複雑かつ敏感だ。われわれは戦略的・長期的視点で情勢の行方を正確に把握し、朝鮮半島の平和・安定をしっかりと維持する必要がある。中国側は朝鮮半島問題の政治的解決プロセスを推進し、問題解決のための条件を蓄積し、創造することを支持する。朝鮮側が自らの理にかなった安全保障上及び発展上の懸念を解決するために可能な限りの支援をしたい。朝鮮側及び関係各者と調整・協調を強化し、朝鮮半島の非核化及び地域の長期的安定・平和の実現のために積極的、建設的役割を発揮したい」と強調した。

  金委員長は現在の朝鮮半島情勢に対する見方を説明し、「過去1年余り、朝鮮側は情勢の緊張を避け、朝鮮半島情勢を管理・コントロールするために多くの積極的措置を講じてきたが、関係国から前向きな対応がなかった。これは朝鮮側の望まなかったことだ。朝鮮側は忍耐強くあり続けるが、関係国が朝鮮側と向き合って進み、各自の理にかなった懸念と合致する解決策を探り、朝鮮半島問題の対話プロセスが成果を得る後押しをすることも望む。朝鮮側は朝鮮半島問題の解決プロセスにおいて中国側の発揮している重要な役割を高く評価している。引き続き中国側と意思疎通や調整を強化し、朝鮮半島問題の政治的解決の新たな進展を促進すべく努力し、朝鮮半島の平和と安定を維持したい」と表明した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2019年6月21日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室