中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「ダブル創業」で中国滞在ビザを獲得した外国人留学生 南京

2019/7/9 11:20:01   來源:人民網日本語版 2019/7/9 11:20:01

  「全国百大学在中留学生創新・創業大会」がこのほど、南京創新ウィーク開催中に無事閉幕した。南京航空航天大学に留学しているメースンさんの創業プロジェクト「&STEM」が、全国から寄せられた創業プロジェクト110項目の中から、卓越した素晴らしさにより、優勝の栄誉を手にした。科技日報が伝えた。

  ケニア出身のメースンさんは、2012年に同校ソフトウェア・エンジニアリング専攻に入学し、2016年に大学院マネジメントサイエンス・エンジニアリング修士課程に進んだ。今年6月初旬、彼が申請した留学生創新創業ビザが、南京市出入国当局から認可され、南京市で創新創業ビザを獲得した初めての留学生となった。

  〇「我々は留学生をサポートし、彼らの未来に向けて準備する」

  メースンさんのプロジェクト「&STEM:英語と幼児向けプログラミングとの出会い」は、100%英語環境というプラットフォームを確立し、南京の外国人教員が地元の4歳から8歳までの子供にプログラミング教育を施すことを目標としている。

  このプラットフォームの独創性は、2種類の「言語」の結合にある。「&」が英語を表し、「STEM」がプログラミングを示している。メースンさんは、「プログラミングは、今世紀最も重要なスキルのひとつであり、都市には多くの子供向けプログラミング教育機関があるが、そのほとんどが中国語を使用しており、そしてやや年齢の大きい子供たちを主に対象としている。一方、『&STEM』は、4歳から8歳の子供も学習できるように設計されている」と紹介した。

  「英語を使ってプログラミングを学習すると、この年齢層の子供たちは気軽に外国人と交流することができる。それに、子供が青年期まで成長する間に、英語とプログラミング言語という2種類の言語をマスターすることは、彼らにとってそれほど難しくはない」と彼は続けた。

  創業の「達人」であるメースンさんは、「&STEM」以外にも、「易佰外師」というプロジェクトのマネージャーも担当している。このプロジェクトは、南京に住む外国人青年に対し、創業サポート・就職コンサルタント・生活ガイド・トレーニングなど全方位型サービス・ステーションの運営に力を尽くしており、これまでに複数のシンポジウムや交流会を実施した。プロジェクトの初志を立ち上げた背景について、メースンさんは、「我々は、南京の留学生がビジネスプランを実行していくのをサポートしたい。南京には、多くのビジネスチャンスがひそんでいる。私たちは、彼らがこれらのチャンスを捉えるのを手伝い、彼らにプラットフォーム・サポート・専門家の助言を提供していく」と抱負を述べた。

  〇「一旦目標を確立すれば、後のことは全て簡単になる」

  南京での生活は7年になるが、メースンさんはまだ、簡単な中国語しか話せず、言語が創業の道を阻む大きな障害物となっている。特に、創新・創業関連政策を読もうとした場合、文書は英語版がないため、誰かの手を借りなければならない。このような問題が、彼の創業の道に常に存在している。しかし、彼はそれらの問題をひとつひとつ克服してきた。というのも、彼には確固たる目標があるからだ。「もしあなたが、素晴らしい航空機を保有していたとしても、パイロットが行き先を知らないと、飛行は途中でストップすることになる」と話す彼には、座右の銘がある。それは、故ネルソン・マンデラ氏の「何事も成功するまでは不可能に思えるものである」という格言だ。「一旦目標を確立すれば、後のことは全て簡単になる。私は、その目標が私を未来のどこに連れて行ってくれるのかを、一刻もはやく見届けたいと思っている」と彼は述べた。(編集KM)

  「人民網日本語版」2019年7月8日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室