中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東省が退役軍人革新起業・困難救済ファンドを設立

2019/8/1 15:49:05   來源:中国山東網 2019/8/1 15:49:05

  山東省政府新聞弁公室はこのほど記者会見を開催し、関係機関の担当者を招き、退役軍人事務庁と省財政庁などの機関が公表した「特別ファンドを設立して退役軍人の起業支援と困難救済を行う実施意見(試行)」について説明した。記者会見によると、我が省は退役軍人革新起業・困難救済ファンドを設立し、初期の規模は50億元、省・市政府による担当し、専門的投資管理機関による運営する。ファンドの収益は省級国庫に入れ、政府予算管理に収められる。退役軍人の起業ローン利子補助金と不良損失リストの補助、起業奨励と困難救済に用いられる。

  同意見によると、退役軍人革新起業・困難救済ファンドは起業の意欲・起業能力を持って起業の資金が足りない退役軍人を支える。退役軍人の自主起業ローンと小型・零細企業の初期(登録3年内)の起業ローンに対して、最高3年と2年の全額ローン利子補助を与える。退役軍人が小型・零細企業を設立しローンを申請する場合、ローン金利の50%で最高2年のローン補助金を与える。小型・零細企業が退役軍人と1年以上の雇用契約を結んで、1年以上の社会保障金を支給する場合、1人の軍人に3000元の奨励金を与える。

  もし、小型・零細企業は退役軍人により設立される同時に、上述条件を満たすなら、1人の退役軍人を雇用すれば、5000元を奨励する。

  退役軍人や他の救済対象が重大疾患を患って、基本医療保険、重大疾患保険、都市部・農村部医療救済の補助を受けて、自分で負担する金額が大きすれば、5000~2万元で50%、2万~5万元で60%、5万元~10万元で70%、10万元以上で80%の基準で、特別救済を実行し、1回で10万元以下を補助する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室