中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「ゴミを宝」にし 農村振興斉魯サンプルの琦泉モードを作り上げ

2019/9/6 13:56:38   來源:中国山東網 2019/9/6 13:56:38

  9月5日午後、「農村振興斉魯行―『開放的山東』オムニメディア取材活動」は琦泉グループに属する蘭陵泉バイオマスエネルギー発電有限公司を見学、農村振興・斉魯サンプルの琦泉モード深く理解した。

  琦泉グループは1989年に設立され、バイオマスCHPを主な営業業務にし、電力伝説、環境保護製造、融資レンタルと通用航空などをカバーする総合的な企業グループである。

  「われわれは『廃棄物を食べて、電力を吐き出す』、資源の循環利用と生態環境整備の新路線を歩いている」、と蘭陵琦泉の侯昭社長は国内外の記者らに琦泉グループの発展規模及び蘭陵琦泉のバイオマスプロジェクトを詳しく説明した。琦泉はインターネット、ビッグデータなどの新たな技術によって、5つの情報化プラットフォームを作り上げ、スマート発電所の新業態の構築に尽力している。

  琦泉は中国バイオマス業界の初となる示範工事を投資・建設した。一年間の運営を経て、権威機関が発表した検測報告によると、各項の環境保護データがリアルタイムで観測、オンラインで環境保護局に転送して、いずれもスーパークリーン排出基準の以下に安定する。同プロジェクトは986万元の山東省環境保護債券支援資金を獲得した。

  「琦泉が採用した廃棄物は主に農林廃棄物で、農民から燃料を購入する。企業の燃料コストは直接に農民の収入になった。」侯昭氏が言った。伝統エネルギーに比べて、バイオマス発電の原材料は主に農村に分布する。同社の産業基礎は農村県域経済に根を下ろし、毎年、農民に千億元の収入を増加する。

  「農民収入を増加すると同時に、地元にクリーンな再生可能エネルギーを提供、冬季煙霧の課題を効果的に解決できる。」侯昭氏によると、農林廃棄物を利用したバイオマスエネルギー業界はクリーン環境保護、ターゲットを絞った貧困支援、パーク関連、民生暖房供給と美しい農村という五つの民生属性がある。

  山東省循環経済協会会長機構と山東省農業竜頭企業として、琦泉グループは農村振興斉魯サンプルの琦泉モードを積極的に探索した。今年、山東省循環経済協会、琦泉グループ、アジア太平洋循環型社会推進機構(日本)は日本で「山東省資源循環利用海外創研センター」を共に設立した。日本「一村一特色製品」という農村発展モードを借りて、済南商河と荷沢郓城で2つの示範村を作り上げて、「五位一体」の農村分布式新エネ解決方案を発明、農村の生態環境、エネルグー供給とエネルギー消費などの課題を解決、コッピー、普及できる社会主義新エネ村を作り上げ、農村振興、斉魯サンプルの建設のために琦泉の役割を発揮した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室