中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「農村振興斉魯行―『開放的山東』オムニメディア取材活動」は閉幕

2019/9/9 14:33:33   來源:中国山東網 2019/9/9 14:33:33

  9月6日、「農村振興斉魯行―『開放的山東』オムニメディア取材活動」は臨沂で閉幕した。海外メディア、香港・マカオ地区メディア、国内の主要対外宣伝メディアとニュースサイト、省内の主要メディアからなる取材チームは、五日間にわたって浜州、淄博、臨沂などの都市で集中的な取材を行った。

  統計データによると、9月6日12時の時点で、諸メディアは計200篇の記事を発行、海外メディアの注目が集まった。人民網、環球網、国際新聞網、中国報道、東方網、中国網、中工網、中国消費網、四川新聞網、寧夏新聞網、大衆網、斉魯網、魯網などの数多くのメディアはイベントについてタイムリーに報道した。

  中国山東網は共催機構として、オムニメディア取材のインターネットメディアの特徴と対外宣伝の優位性を発揮、文字、写真、動画、微博(ウェイボー)、微信(WeChat)を通して全方位的な取材をした。また、中国山東網は中国語、英語、日本語、韓国語の特集を作成した。

  同イベントは取材チームのメンバーに深い印象を残した。「鑫誠現代農業科学技術示範園を見学した後、びっくりしました。中国は農業及びほかの分野ですごく発展させた。中国の先進した農業技術は中国人の衣食問題を解決できるだけではなく、海外にも輸出、他の国家の衣食問題を助けることができます」、とインド教徒報記者のAtul Aneja氏が言った。

  パキスタン聯合通信社記者のAsghar Muhammad Humayun氏によると、「淄博の農村観光はよく発展させて、人々がここでリラックスできます。得益乳業とバラ町の見学を通して、近い距離でこれらの産業の発展を感じます。」

  「農村振興斉魯行―『開放的山東』オムニメディア取材活動」は中国共産党山東省委宣伝部、山東省人民政府新聞弁公室、山東省農業農村庁により主催、中国山東網により共催された活動である。同活動は習近平総書記が山東活動に対する重要な指示・要求を実行、山東が農業大省の優位性を発揮することを深く宣伝、農村振興戦略を全面的に実施、農村振興斉魯サンプルの政策措置と経験成果を作り上げる。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室