中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中国、日本に流出した青銅器の償還請求に成功

2019/9/12 9:58:43   來源:チャイナネット 2019/9/12 9:58:43

  国家文物局の専門家の鑑定により、8点の青銅器が国家一級文物に認定された。これらは近く一般公開される。曽伯克父青銅器の回帰は中国政府が国際条約の枠組み下で日本に流出した文物を償還請求して実現し、画期的な意味を持つ。

  研究によると、これらの青銅器は中国の湖北随州地区の春秋早期の曽国上級貴族の墓から出土し、腐食の状態と層の性状などから近年になって盗掘されたものと判断できる。青銅器は精巧で保存状態は完璧で、8点すべてに銘文がある。330字に及び、豊富な歴史と文化の情報を含む。曽伯克父青銅器群はきわめて珍しい考古発見であり、春秋時期の歴史文化、曽国の宗法家系および青銅器の中断と製造工芸を研究する重要な学術価値を有する。

  国家文物局の責任者によると、今年3月初め、中国から流出した文物とみられる曽伯克父青銅器は東京文物オークションに登場した。国家文物局は直ちに文物流出償還請求マニュアルを発動。3月7日、国家文物局と公安部は共同研究し、外交ルートと刑事捜査を合わせた方法で償還請求する方針を固めた。国家文物局は在日本中国大使館の支援のもと、8月23日に文物を北京に持ち帰った。

  国家文物局の関強副局長は、「曽伯克父青銅器は中国が近年において国際文物市場で違法取引の阻止に成功し、国境を越えて償還請求した最高価値の返還文物である。今回、中国は関連の国際条約に基づき、日本政府の協力のもとで日本に流出した文物の返還を実現させ、国際流出文物の償還請求分野における新たな実例となった」と話した。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年9月11日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室