電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

70年で生産量が157.8倍 中国が世界最大のエネルギー生産国に

2019/9/26 8:53:42   source:チャイナネット

  中国のエネルギー生産は70年で飛躍的に発展し、基礎的保障能力が持続的に強化された。エネルギー生産量は70年で157.8倍に増加した。中国は世界最大のエネルギー生産国になっている。

  新中国成立当初、中国のエネルギー生産能力は不足し、水準が低かった。1949年のエネルギー生産量は、標準石炭2000トンのみだった。70年の急成長を経て、中国のエネルギー生産は徐々に「弱」から「強」に変わり、生産能力及び水準が大幅に向上し、一躍世界最大のエネルギー生産国になった。石炭・石油・ガス・再生可能エネルギーによるエネルギー生産体制をほぼ構築し、力強い基礎的保障能力を十分に発揮している。2018年のエネルギー生産量は標準石炭37億7000万トンで、1949年の157.8倍となった。年平均成長率は7.6%。

  主要エネルギー品種の生産が全面的に発展した。原炭生産量は1949年は3000トンのみだったが、2018年には114.0倍増の36億8000万トンに達した(年平均成長率は7.1%)。原油は12万トンから1574.9倍増の1億9000万トンに達し、年平均成長率は11.3%。天然ガスは1000万立方メートルから2万2894.7倍増の1602億7000万立方メートルに達し、年平均成長率は15.7%。発電量は43億kWhから1652.9倍増の7兆1117億7000万kWhに達し、年平均成長率は11.3%。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年9月25日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室