中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

国慶節連休、新疆霍尔果斯税関から中欧班列で輸入した自動車は570台超に

2019/10/10 8:59:56   來源:チャイナネット 2019/10/10 8:59:56

  新疆ウイグル自治区の霍尔果斯(コルガス)税関から得た情報によると、国慶節連休期間中に独ブレーメン港から出荷された576台の輸入自動車(完成車)が3本の「渝新欧・中欧班列」(重慶・新疆・デュイスブルクを結ぶ国際定期貨物列車)に乗せられ、新疆霍尔果斯鉄道税関から中国国内に入った。これは霍尔果斯で通関した輸入完成車の台数としては最多となる。

  上記の中欧班列は9月27日に独ブレーメンを出発し、ロシア・ポーランド・リトアニア・ベラルーシ・カザフスタンなどを経由して中国に入った。所要時間は10日で、あと3日で目的地の重慶に到着する予定だ。

  霍尔果斯双星報関服務有限公司の周欣・経理は、「以前は、輸入車を海上輸送するには約60日必要だったが、同路線の開通後は約15日で輸送可能となった。今回の試験輸送で、通常営業が可能になれば、来年は同路線で1万5千台を中国に輸入する計画だ」と語る。

  10月1日から7日にかけて、霍尔果斯税関の管理下で通関した中欧班列は合計82本、コンテナ取扱量は7992TEU、貨物輸送量は9万1千トン超に上る。うち、輸出は71本、7246TEU、8万4千トン超。輸入は11本、746TEU、6549トンだった。

  航空輸送や海上輸送と比べて、中欧班列による鉄道輸送は時間やコスト面でもコストパフォーマンスがより高く、益々多くの「メイドインチャイナ」が「渝新欧」や「鄭新欧」などの中欧班列を通じて霍尔果斯税関に集まり、中央アジア5カ国や欧州諸国に輸出されると同時に、「外国製品」も中国に輸入されている。同時に、霍尔果斯税関も中欧班列により、輸出入貨物輸送量の拡大を実現した。 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室