中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

紅島経済区(高新区)が重点工業企業座談会を開催

2019/10/11 13:52:58   來源:中国山東網 2019/10/11 13:52:58

  10月9日午前、紅島経済区(高新区)政府が創業ビルで重点工業企業座談会を開催し、区内の一部の重点企業の今年以降の生産経済状況について全面的な調査を行い、企業が直面している問題と困難を聞き取り、さらに思想を統合し、痛みを見つけ、目標を明確にし、責任を担い、全区経済の穏やか・健康な運営を確保する。青島高新区工作委員会副書記、管理委員会主任の尚立群氏が出席して発言した。

  今年1~8月、紅島経済区(高新区)の経済運営が穏やかで、主要経済指標が好調していて、うち、一定規模以上の工業増加値が全市1位となった。

  座談会で、中国重汽グループ青島重工有限公司、冠捷科技(青島)有限公司、青島高測科技有限公司、青島亜通達鉄道設備製造有限公司など11社の重点企業の担当者が実際状況を結びつけ、そういう経済状況の下で、企業をどのように運営するかについて交流していた。

  尚立群氏は皆の意見を聞き取り、時々話し合い、全区の企業が区域的経済社会で成し遂げた貢献に感謝の意を表し、具体的な問題に解決案を提供した。同氏によると、工業は高新区経済発展の重要な力として、全区経済発展の大局に関わり、現在工業経済の運営が一定の問題と挑戦に直面して、各方が共同に努力し、共同に解決して欲しい。各社が出した問題について、関係機関は重要視し、真摯に研究し、責任を担い、ソリューションを出しなければならない。尚立群は各企業が青島SCOモデル区と山東自由貿易実験区建設のチャンスを握り、発展の自信を堅持し、モデル転換・グレードアップのあゆみを加速し、得意の分野で優位性を作り上げ、全区経済社会の発展に大きな貢献を作ってほしいと言った。

  尚達群氏によると、関係機関は企業発展を任務とし、国家・省・市の政策を結びつけ、さらに重点企業のサービスメカニズムを最適化し、企業サービスの精度を引き上げる。

  王震氏が会議に参加した。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室