中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

紅島経済区で「中国チップ」が集まって8つのフォーラムが業界の最前線情報を解読

2019/10/17 14:00:12   來源:中国山東網 2019/10/17 14:00:12

  10月25日、第14回「中国チップ」集積回路産業促進大会は紅島経済区(高新区)で開催する予定、8つの分科会フォーラムが設けられる。

  スマート家電チップ生態発展サミットフォーラム

  中国は世界最大の家電市場で、家電企業が最も活躍している国家でもある。消費のグレードアップに伴って、家電市場の成長は規模の拡大から構造グレードアップへ転換、カスタムメイドニーズは家電インターネットの実用・普及を推し進める予定。家電メーカーにとって、危機意識を樹立、自身産業チェーンの安全と供給を保障する能力を研究、市場競争力を向上しなければならない。チップ企業にとって、市場ニーズをめぐって製品の供給を豊かにするのは、製品性能の最適化には役割を果たす。

  スマート家電チップ生態発展サミットフォーラムは北京君正集積回路株式会社の劉強会長、海信(ハイセンス)グループ首席科学者の劉衛東氏、小米グループの何永副総裁、ハイアールグループの専門家を招き、「スマート家電チップの発展チャンスとチャレンジ」、「5G時代における智能家電産業発展」、「AIOTでのスマートホーム 生態建設」、「AIはスマートホームでの応用と実践」などの6つの基調演説を行う予定。

  メモリ産業発展サミットフォーラム

  ストレージはコンピューター、モバイル端末などの各種類の電子情報製品に広く応用しているもので、ビッグデータとクラウド計算のハードウェア基礎を構築した。2018年、我が国のストレージ市場は世界で半導体市場の34.3%を占めて、集積回路産業の重要な部分である。今、世界メモリ産業は韓国、アメリカ、日本に主に分布している。ここ数年、我が国は国産のメモリ産業を高く重視して、技術の研究・開発を一層に拡大、産業協同と国際協力を推進、国産メモリ産業の発展を共に推進しなければならない。

  メモリ産業発展サミットフォーラムは関連企業家を招き、「チップからクラウドへ 国産メモリ産業の発展現状」、「国産MRAM産業のチャンスとチャレンジ」などの7つの基調演説を行う予定。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室