中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

世界人工知能融合発展大会は11月に済南で開催

2019/10/23 14:39:43   來源:中国山東網 2019/10/23 14:39:43

  11月19日-20日、世界人工知能融合発展大会は済南で開催、学術業の担当者とトップ企業を招致して人工知能の発展及び実体経済との融合について交流する予定。山東は人工知能分野で独自の優位性を持ち、山東の優位性産業が世界人工知能と対話できるプラットフォームを構築するのは、山東省の「知能ボーナス」を加速して作り出す。

  2030年までに、我が国の人工知能コア産業の総規模が1万億元を超え、10万億元を超える関連産業をけん引、労働生産性が2割以上の向上を推し進める。次世代人工知能産業技術革新戦略連合の張偉民事務局長によると、人工知能は具体的業界と結びつけることが最も大きな価値を発揮できる。山東が人工知能を発展させる優位性は広い人工知能の応用シーンを持つことである。山東省は十分な産業基礎を備えて、完備させた工業システムがあり、我が国の製造業産業チェーンで重要な一部である。今後、人工知能の普及・応用に限らない可能性を提供できるため、「人工知能+ハイエンド製造業」分野で独自の優位性がある。

  山東省は人工知能産業の発展を高度に重視、一連の指導意見と行動計画を作り出して、人工知能産業の飛躍的な成長をけん引した。2018年末までに、山東省は65社の人工知能企業があり、全国6位となった。

  世界人工知能融合発展大会は山東省人民政府、中国工程院などの期間により共に指導、山東省工業・情報化庁、省教育庁、省科学技術庁、省財政庁、済南市人民政府、次世代仁応知能産業技術革新戦略聯合により主催したことである。同会は主旨フォーラム、テーマ分科会と展覧体験ドッキングなど部分を展開、人工知能と実体経済が加速して融合するルートと方式をめぐって重点的に検討・交流する。七つのテーマ分科会は人工知能産業が製造業、医療、教育、交通などの産業と融合発展を推進する。また、山東省は「山東省次世代人工知能産業発展報告」及び山東省人工知能産業応用シーズン100を発表する予定。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室