電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東文教正文

中国景徳鎮国際陶磁博覧会、明時代の名作を生んだヒョウタン窯が復活

2019/10/24 10:27:44   source:CRI

  江西省景徳鎮で「景徳鎮国際陶磁博覧会」が18日から22日まで開催され、300年近く姿を消していた景徳鎮特有の磁器窯「ヒョウタン窯」が復活し、火入れ式が行われました。

  「ヒョウタン窯」は元の末頃から明の初めごろまで600年以上の歴史を持つ瓢箪形の窯で、鶏をモチーフにした皇帝専用の酒杯などの名作を生んだことで知られています。

  清の時代になると、より先進的な卵形の「鎮窯」が登場したため、ヒョウタン窯は次第に忘れ去られました。今回の国際陶磁博をきっかけに景徳鎮の特色を持つ窯を復活させたいとの機運が高まり、明の時代のヒョウタン窯1基が再建され、火入れが行われたということです。

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室