中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「感知中国・活力山東」2019百人中国政府奨学金在中国留学生社会体験イベントが閉幕

2019/11/11 17:04:01   來源:中国山東網 2019/11/11 17:04:01

  在中国留学生がよりよく山東を理解、山東を注目、山東に組み入れられ、新時代において、繁栄的に発展、自信的な山東イメージを展示するために、11月9日-10日、国家留学基金管理委員会により指導、山東省人民政府新聞弁公室、山東大学により主催、済南市人民政府新聞弁公室、イ坊市人民政府新聞弁公室、中国山東網により開催した「感知中国・活力山東」2019百人中国政府奨学金在中国留学生社会体験イベントは、100人余りの中国政府奨学金を獲得した留学生を招待、済南市とイ坊市を訪れて、山東経済社会の発展成果を近い距離で感じた。

  11月9日、留学生一行は中国重汽を訪れた。

  中国重汽は一貫して自主革新(自主イノベーション)を堅持、最先端技術戦略を大いに実施、独自の知的財産権によって企業のコア競争力を構築していた。2018年末の時点で、計3682項目の特許を獲得した。うち、国家発明特許保有件数は284点、52点の国家基準、26点の業界基準の設定に参加、国内で重型トランク業界で最も多い特許保有件数を持つ企業である。

  その後、留学生一行は済南国際ハイレベル人材革新起業基地を訪れた。

  案内者によると、現在、済南国際ハイレベル人材革新起業基地では、投資総額が30億元になったハルビン工業大学ロボット産業パーク、投資総額が15億元になった山大地纬ソフトウェアパーク、10億元の中如人工知能産業パークなどの一陣のプロジェクトが建設中、生産総額が500億元に達する産業高地になる。

  留学生一行はイ坊を訪問、イ柴グループに入った。イ柴グループは品質の高くて穏やかな発展の実現、我が国が製造業大国から製造業強国への発展を推進する核心力になった秘密を探した。

  イ柴科学技術展覧館に入って、留学生たちはイ柴の歴史、今日と未来を理解して、イ柴グループの「グローバル化、国際化」戦略と企業の発展プロセスに対して全新的に認識した。

  11月10日午前、留学生一行はイ坊寿光野菜ハイテク示範園を訪れた。留学生たちはここでイ坊の現代的な農業技術を楽しみ、現代ハイテク農業の創意的景観を近い距離で見学、地元の有給な歴史文化と農業発展成果を感じた。

  「感知中国」社会実践・文化体験イベントは国家留学基金管理委員会により主催、各省の有名な大学により開催、中国政府奨学金を獲得した留学生が参加したイベントである。2015年から、同イベントは連続4回で開催され、計1.6万人余りの留学生が参加して、全国各省の対外宣伝活動を大いに推進した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室