電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム友好交流正文

鳩山由紀夫元首相「日中関係は改善し発展している」

2019/12/4 11:53:07   source:人民網日本語版

  広州で「2019従都国際フォーラム」(Imperial Springs International Forum)に出席した日本の鳩山由紀夫元首相は1日、新華社のインタビューに応じ「現在日中関係が改善され、発展していることを嬉しく思う。日本外交はもっとアジア諸国に目を向けるべきだ。日本政府は日中両国の政府レベルの外交以外に、民間交流も重視し、深める必要がある」と語った。新華社が伝えた。

  「2019従都国際フォーラム」は「多国間主義と持続可能な開発」をテーマに1、2両日に開催された。

  鳩山氏は多国間主義に言及した際「中国は一貫して明確に一国主義に反対し、各国間の対等な協力、相互協調を終始堅持しており、多国間主義の維持において模範的役割を果してきた」と指摘。

  持続可能な開発については「中国は国内では貧困脱却事業に集中して力を注ぎ、目覚ましい成果を挙げた。国際的には、中国の推し進める『一帯一路(the Belt and Road)』協力は途上国に発展の好機を与え、『一帯一路』協力沿線各国の人々の生活を大幅に向上させ、世界全体の貧困削減目標の達成を推進している」と指摘した。

  また、中国が「一帯一路」協力で互恵・ウィンウィンを強調し、周辺国との多国間協力を推進していることを称賛し、「一帯一路」建設へのさらなる参加を日本に呼びかけた。

  「人民網日本語版」2019年12月3日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室