中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

マカオ基本法施行20年記念座談会、北京で開催

2019/12/5 10:56:40   來源:CRI 2019/12/5 10:56:40

  マカオ復帰20週年の節目を迎え、中華人民共和国マカオ特別行政区基本法の施行から20年を記念する座談会が3日、北京で開催され、中国共産党中央政治局常務委員、全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長が座談会に出席し、重要な談話を行いました。

  栗委員長はその中で、「憲法とマカオ基本法によって確立されたマカオ特別行政区の憲制秩序の維持において、最も重要なことは、中央の全面統治権の維持と特別行政区の高度の自治権の保障を有機的に結びつけることだ」とし指摘しました。そのうえで、「『一国二制度』の実践では、国家安全の維持はつまり、『3つのボトムライン』の厳守である。即ち、いかなる国家主権を脅かし、中央権力と基本法の権威に挑み、特別行政区を踏み台にした大陸への浸透と破壊活動も決して容認しない」と述べました。

  栗委員長はまた、公職者向けの憲法と基本法の教育活動の重視や、青少年向けの憲法と基本法の関連教育の強化などをマカオ特別行政区に求めました。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室