電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームライフ正文

冬の中国、北の人は南下し避寒 南の人は北上し雪景色鑑賞

2019/12/11 13:48:26   source:人民網日本語版

  12月に入り、冬型の気圧配置が強まり、気温が一気に低下。中国全土の各大都市が本格的な冬の到来を迎えている。そして、春節(旧正月、2020年は1月25日)までまだ1ヶ月以上あるものの、「避寒」のための「大移動」は中国全土で既に始まっている。中国青年報が報じた。

  旅行サイト・携程網の避寒旅行のオーダー統計を見ると、江蘇、上海、北京、陝西、浙江、安徽、四川、江西、山東、天津に住むユーザーからのオーダーが前月比で比較的大きな伸びを見せている。トップ10に入った江蘇、浙江、上海などの絶対温度は決して低くないものの、集中暖房システムがないほか、海に近いため湿度が高く、体感温度が低い。そのため、冬になるとそれらの地域のユーザーからの避寒旅行のオーダーが激増する。

  携程網の自由旅行のオーダー統計によると、11月下旬から、ビーチリゾートのフリープランツアーのオーダーが前月比で50%以上増となっている。中国で人気となっているには、三亜、プーケット島、ボラカイ島、バリ島、サムイ島、サイパン島、セブ、クラビー、フーコック島、センポルナなどの熱帯ビーチリゾート地だ。

  11月下旬、中国の東北地方、内蒙古(内モンゴル)自治区、新疆維吾爾(ウイグル)自治区、西蔵(チベット)自治区、青海などがウィンターシーズンを迎えた。それらの地域に旅行に向かう旅行者の数の前月比の増加幅が最多だったのは、広東、福建、北京、上海、湖南、浙江、河北、貴州、雲南、広西で、中国全土で冬に敢えて寒い地域に行く人が多い都市ランキングでも上位に入っている。中国の北方地方と気温差が最も大きいのは広東や福建、雲南、広西などの地域で、それらの地域の旅行者は北上して、「本当の冬」を体験している。長白山や崇礼、北大壺、松花湖などのスキー場は既に積雪してオープンしており、子供を連れて雪遊びやスキーに出かける人も増えている。

  冬に森林に行って雪景色鑑賞が人気に

  近年、中国では森林旅行も開拓され、森林体験や森林ヘルスケア、生態レジャー、生態キャンプなどの新商品が次々と打ち出され、多くの人が大自然を楽しむようになっている。統計によると、2018年末の時点で、森林旅行の主な受け入れ先である中国国立森林公園の数は898ヶ所で、総面積は1466万1500ヘクタールに達している。

  旅行サイト・途牛の森林旅行の過去1年間の予約統計を見ると、ユーザーの67%が春と夏に森林公園に行って、自然を楽しんだり、涼しさを楽しんだりし、21%が秋に森林に行って紅葉などを楽しみ、12%が冬に雪の積もる森林で雪景色を満喫している。

  現時点で、途牛の冬季森林旅行の予約件数は前年同期比で約2倍増となっている。途牛の関係責任者は、「旅行業界は季節ごとの特徴がはっきりとしている業界だ。そして、毎年冬が始まる11月下旬になると、森林でバケーションを楽しむタイプの商品は『オフシーズン』に入っていた。しかし、2022年の北京冬季五輪が近づくにつれて、ウィンタースポーツを楽しむ旅行などがヒット商品となり、冬の森林旅行市場に新たな活力を注入している」と説明する。

  温泉宿がアラサーに人気に

  遠出の温泉旅行を見ると、温泉+雪景色、スキーなどの組み合わせの旅行の人気が高まっている。飛行機に乗って雪が積もっている場所に行ってスキーや雪合戦、雪ぞりなどを楽しんだ後、温泉に浸かってゆっくりと疲れを癒すというのが、多くの人にとって冬の「恒例行事」となっている。東北地方の長白山や亜布力などが特に人気の温泉地となっている。

  携程の統計によると、今シーズンの冬の温泉宿の宿泊客のうち、25-30歳の若者が12%と、増加幅が最大となっている。最多は30-35歳で20%。家族連れの多い35-40歳は19%、40-45歳は13%となっている。冬になると、宿泊客の温泉宿にとどまる日数も他の季節より長くなり、旅行客の4%がその他の季節より1泊多く宿泊することを望んでいる。

  携程の統計によると、「温泉宿」が人気検索ワードとなっている。宿泊客のうち、45%が「思いついてすぐに、雪景色を楽しみながら温泉に浸かる旅に出かける」ことを望み、18%が前日に予約し、14%が1週間前に予約している。特に人気で予約でいっぱいになっているのは、山の見える部屋や庭園が見える部屋、個室型の部屋、親子型の部屋などだ。二十四節気の第21番目の「大雪」だった今月7日の携程の統計を見ると、その週の週末の「温泉宿」の検索数が35%増となっている。標高1200メートル以上の山間部にあるホテルや湖の景色が見えるホテル、密林の中にある温泉宿などが例年よりも人気が高まっている。

  「人民網日本語版」2019年12月11日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室