中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

河南省淮陽で中国で最も古い轍跡発見 車の起源が500年以上遡る

2020/1/16 11:52:24   來源:人民網日本語版 2020/1/16 11:52:24

  2019年淮陽平粮台考古チーム長を務める北京大学准教授の秦嶺氏は「河南淮陽平糧台遺跡で見つかった轍の跡は今から少なくとも4200年前のもので、中国でこれまで見つかっているうちで最古だ。これは中国における車輪の発明、車の起源の研究に対して重要な学術的価値を持つ」と述べた。新華社が伝えた。

  このほど開かれた河南省文物考古研究院2019年度考古成果交流報告会では、秦氏が発表したこの研究成果は学術界から注目を集めた。

  説明によると、発掘作業員は遺跡南城門付近で古代道路の路面を発見した。路面の各所の轍の跡は幅0.1−0.15メートル。最も深い箇所は0.12メートルで、最も目立つ轍の長さは3.3メートル。ある轍は2本並行で、間に0.8メートルの間隔があった。専門家は初期的に、「二輪車」の轍の跡と判断した。

  秦氏は「轍の跡の年代を直接測定することができないため、研究者は路面に轍の跡が残されている竜山時期墓葬の年代測定データから判断すると、路面及び轍の使用が今から少なくとも4200年前とした」と述べた。

  発掘作業員は河南偃師二里頭遺跡で夏の時代の轍を発見し、中国の車使用の歴史が今から3700年ほど前に始まるとした。淮陽平糧台遺跡の轍の発見により、中国の車の起源がさらに500年以上遡ることになった。

  「人民網日本語版」2020年1月16日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室