電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

楊委員 安保理改革に関する政府間交渉 共同議長と会談

2020/1/22 10:51:03   source:CRI

  楊潔チ中国共産党中央政治局委員・中央外事工作委員会弁公室主任は21日、北京で、第74回国連総会で安全保障理事会改革に関する政府間交渉の共同議長であるアラブ首長国連邦(UAE)のヌセイベ国連大使、ポーランドのウェロネカ国連大使と会談しました。

  席上、楊委員は「安保理改革の目標は安保理の権威と効力を強化し、発展途上国と中小国の代表性や発言権を増やし、国際関係の民主化と世界の多極化の趨勢を反映させることだ。中国は2人の議長の活動を積極的に支援し、改革が国連憲章と加盟国の共同利益に合致する方向に向かうよう確保すべきだ」と述べました。

  これを受け、ヌセイベ国連大使とウェロネカ国連大使は「中国の立場や安保理の改革における中国の役割を重要視している。政府間交渉は、国連加盟国が安保理の改革を議論する主要なチャネルであり、すべての加盟国による対話と協議の勢いを維持していきたい」と語りました。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室