中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

朝食がどれくらい重要か?抜くとイライラしやすい

2020/3/23 10:23:31   來源:人民網日本語版 2020/3/23 10:23:31

  日本・東京大学の研究により、朝食を取る時間または習慣がない人の方が、苛立ちやうつなどマイナスの感情になりやすいことが分かった。研究チームは被験者のうつ発症率に関する追跡調査を3年連続で行った。その結果、朝食を1週間に0−1回しか取らない人は決まった時間に朝食を取る人と比べ、うつなどマイナスの感情になるリスクが2.9倍に増加した。生命時報が伝えた。

  独ウルム大学の研究によると、朝食は男性の感情に影響を及ぼすことを発見した。同大学のムラー博士によると、朝食を抜くと男性の感情が不安定になり、視覚空間の記憶力が低下するのに対して、女性にはこの顕著な変化はない。ムラー氏によると、朝食は脳が神経刺激伝達物質を合成するために必要なエネルギーと栄養を提供する。タンパク質、炭水化物、脂肪は感情に影響を与えるという。

  1日のうち人の幸福感が最も高いのはいつだろうか。英デイリー・メール紙によると、米コーネル大学のマイケル・メッシ教授は84カ国の約240万人による5億900万件のツイートを分析した。その結果、国によって文化的雰囲気とイデオロギーが異なるが、人々の感情の変動状況はほぼ一致した。人々は朝目覚めた後の朝食の時間に最も幸福感が高い。

  「人民網日本語版」2020年3月23日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室